シリーズ・あり得ないこと、いらないこと その①:スポーツ編

※危険!
 この記事には猛毒が含まれております。
 体力のない方はご覧にならないでください。





GWなのにこんな記事書いてていいのかな~と思いながらも、徒然と書いてみました。
世の中、いろいろ『こんなんいらんやろ』と思うことがあるワケでして・・・
そんないろいろをまとめておこうと。。。





第一回は『スポーツ』編。


●ゴルフ
ちょっと音がしたといや中断。
ちょっと風が悪いといや中断。
観客が咳でもしようものなら、親の敵みたいな顔で睨まれちゃう。。。
プレーに対して声援が送れないようなものは、スポーツじゃないでしょ。
ちょっとした雑音で集中できないようなヤツを、スポーツ選手とは言わないでしょ。
結局ゴルフなんてものはジジィの道楽であって、スポーツじゃないと思うんですよ。

●プロ野球
間違えちゃいけないのが、「野球」じゃなく「プロ野球」だということ。
スピード感がないもんを、スポーツとは言わないでしょ。
普通にゲームを進めれば2時間もあれば終わるような中身のない試合を、グダグダと
ダラダラと4時間以上もかかって続けていることに、意味なんか見いだせません。。。

●プロレス
プロレスラーを「アスリート」扱いするのなんて、あり得ませんね。
そのへんのガキのケンカでも「なにか仕掛けてくるな」と思ったら逃げるでしょ。
ロープから走ってくる相手をボケッと待ってるようなバカが、なぜアスリートなの?
ロープにヘコヘコ登ってるあいだ何もせずに待ってるようなのの、どこが格闘技なの?


まあ、他にもありますけどね・・・この3つほどじゃないです。
私がもし「ちゃんとしたスポーツ」の選手だったら、コイツらと一緒にされるのは
たまったもんじゃありません。


※当記事の内容は、あくまでも個人の意見です。
[PR]

by shika_monologue | 2010-05-02 00:34 | BLACKな話