六月の詩



カルメン・マキ&OZ の1stアルバム、その1曲目を任された名曲です。

d0021258_20173584.jpg

ピアノで始まるイントロは、雨の季節である6月にぴったりのイメージ。

でも、やっぱり梅雨はキライですねぇ・・・(^^;)

最近流行りのゲリラ豪雨は別にしても、私は夏の『夕立』のほうがまだいいです。

シトシトジトジトのこの季節は、気分も滅入るってもんです。

奈良も先日、梅雨入りしたとかどうとか・・・今日も一日降ってました。

毎年この時期には、ビニール傘が3本くらい増えるんですよねぇ。

このあいだ数えてみたら、ウチの傘立てには7本ありました(汗)





さて、この梅雨ですが・・・


長年、なんで『梅』なんだろう?と思ってたんですよね。

桜と並んで『梅』といえば花を思い浮かべちゃって、『実』のことは忘れてたw

でも、ホントに『梅の実が熟す』時期だからってことなのかな~と。。。

そんなときは、いつものようにネットで(笑)


梅雨(ばいう、つゆ。黴雨とも)とは、北海道と小笠原諸島を除く日本、朝鮮半島南部、
中国の華南や華中の沿海部、および台湾など、東アジアの広範囲においてみられる特有
の気象現象で、5月から7月にかけて毎年めぐって来る雨の多い期間のこと。
梅雨の時季が始まることを梅雨入り(入梅)、梅雨が終わって夏になることを梅雨明け
(出梅)といい、ほとんどの地域では気象当局が梅雨入りや梅雨明けの発表をおこなう。

雨季の一種である。
ただ、雨季が訪れる土地は世界中に多くあるが、梅雨はそれほど雨足の強くない雨が
長期にわたって続く点に特徴がある。このため、カビや食中毒などに注意が必要な季節
とされている。

梅雨の語源としては、この時期は梅の実が熟す頃であることからという説や、この時期は
湿度が高く黴(カビ)が生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音
の「梅雨」に転じたという説、この時期は“毎”日のように雨が降るから「梅」という字
が当てられたという説がある。
普段の倍、雨が降るから「倍雨」というのはこじつけ(民間語源)である。
このほかに「梅霖(ばいりん)」、旧暦で五月頃であることに由来する「五月雨(さみだれ)
麦の実る頃であることに由来する「麦雨(ばくう)」などの別名がある。
沖縄では、梅雨が小満から芒種にかけての時期に当たるので「小満芒種(スーマンボースー)」
や「芒種雨(ボースーアミ;ぼうしゅあめ)」という別名がある。



皆さんはどの説が一番しっくりくるでしょうか?

私的には・・・『カビ』かなぁ(^^;)

まあ少なくとも、ジューンブライドは絶対にアジア発祥ではないということは

確かです(当たり前だww)


さてさて、今月は私の誕生月・・・あと一週間でまた一つ年取るのかぁ。。。

うーむ・・・(ー"ー;)
[PR]

by shika_monologue | 2010-06-13 20:17 | 雑学的な話 | Comments(2)

Commented by ひま at 2010-06-13 21:57 x
梅雨の時期って、ホントにイヤ。。。
せっかく朝、ばっちり決めた髪型も
出勤して鏡を見ると、もううねってる…
カビだとか…想像するだけでイヤイヤ o(>_<)o ☆
だから、梅の実が熟す頃ということにしておいてください(笑)
Commented by 鹿さん at 2010-06-14 12:07 x
免許証の更新がこの時期なんで、写真の髪型が
爆発するんですよね~(-_-;)
もうちょっと前に撮っとこうとか思うんですけど
忘れちゃうしw
名前
URL
削除用パスワード