たちつてと

日本のミュージシャンで、いかに売れてようと私が信用しない連中がいます。

「た・ち・つ・て・と」を「つぁ・つぃ・つぅ・つぇ・つぉ」と発音するバカモンです。

例えば元黒夢の清春とかね。


日常でも「つぉりあえず、それやっつぇみつぁずぇ~」なんて喋ってるんでしょうか?
そんな日本語はありません。

いつ頃からなのかは知りません、サザンの桑田氏なんかもそんな風に発音したり
しますが・・・

でもソコに罠があります。
桑田氏の歌詞は「英語的」な韻を踏んでいることが多く、擬似英語のようにそんな
発音になっていることが多いです。

でも他の連中は・・・英語的に発音することが「かっこいい」と明らかに誤解している
と思えてなりません。

英語には英語の、日本語には日本語の、それぞれが持つ美しさというものがあり
ますが、いくら日本語を英語風に発音しても下品にしかならないんですよね。


その勘違いを正さない限り、日本のロックが世界に配信されることはないと思う
今日この頃です。
[PR]

by shika_monologue | 2005-07-04 00:45 | 音楽・楽器の話 | Comments(3)

Commented by kawamukai at 2005-07-04 15:17 x
日本語は日本語で英語は英語できっちり歌ってほしいです。
ああいう歌い方は多分、吉川晃司あたりからじゃないんですか。
Commented by 奈良の鹿 at 2005-07-04 17:40 x
「いっつ びぃん あ はぁどでぃず ないとぉ~♪」ってか?(爆)
     ↑ひらがなで書くとそれらしく見えるから不思議w

そいえばいましたね~、吉川晃司w そっか~、アレ以来ですかね(^^;)
Commented by なおゆき at 2005-07-04 23:11 x
僕もそれ系は大嫌いですねえ。
日本語には日本語の美しさがあると思うのですが。
名前
URL
削除用パスワード