さて、青春とはいったい何だろう?

最近IEで、表示しているページを翻訳できる機能がありますよね。

それでいろいろ翻訳して遊んでたんですが・・・

ひとつ前の記事にも登場しました「おぢさん」ちのブログタイトルが

フシギなんですよねぇ・・・(^^;)

(おぢさん、たびたび登場させてスイマセンww)

そのタイトルが「おぢの徒然日記」っていうんですけど、英訳では


Your azalea and swallowtail bansai diary


ってなってるんですね。

まあ、「diary」は日記ですから判ります。

その前の「bansai」は「徒然草抄」をまとめた加藤盤斎のことですかね。

徒然っていったら、盤斎よりまず吉田兼好でしょって思っちゃいますが。

てことで「bansai diary」で、「徒然日記」を表してるんだと思います。


わかんないのが前半。

「azalea」は、アザレアもしくはアゼリアという、つつじ類の植物です。

なんとか「徒然草」へのこじ付けを考えられますが、よく判りません。

そして一番の問題は「swallowtail」、、、これは「燕尾」。

よーするに「燕のしっぽ」ですよねぇ。

「おぢの徒然日記」の、どこにその要素があるんでしょうか?


秋の夜長、ナゾは深まるばかりです。。。
[PR]

by shika_monologue | 2010-10-04 23:07 | 閑話休題 | Comments(4)

Commented by ひま at 2010-10-05 08:13 x
翻訳って、「なんで?」ってのが多いですよねー
それが面白かったりするんですが
某アーティストが、日本語で書いた記事を英語に翻訳して
それをさらに日本語に翻訳したものをブログに載せてたりするんですが
まぁ、チンプンカンプンですわ。
直訳って怖い(笑)
Commented by 鹿さん at 2010-10-05 18:25 x
日本語ってただでさえ複雑で曖昧ですからねぇ(^^;)
前後の繋がりで全然意味が違ったり・・・
そのときのイントネーションだけでも意味が違うこともあるから、文字になった日本語の翻訳って無理なのかもしれませんね。
Commented by おぢ at 2010-10-15 01:25 x
な、なぜに・・・・・?(笑
Commented by 鹿さん at 2010-10-16 21:15 x
これこれ、本人がそれ言っちゃあ・・・(^^;)
名前
URL
削除用パスワード