祭りのあとの寂しさを埋めてくれるのは誰だろう?

最近の外国映画って、公開時から日本語吹き替え版が上映されるじゃないですか。

それは私は大歓迎なんですよ。

字幕見て画を見てって同時進行が苦手だから(笑)

それに別に「その俳優さんの声でないと」っていう拘りも全然ないしね。

それより耳から入ってくる声だけでストーリーを把握できるほうが便利だし。

でも一つ疑問に思ってることがあります。。。


なんで主題歌まで別のに差し替えるの?


アレって作品としての映画の一部だと思うんですが、それまで日本語である必要は

ないでしょ?

あとから勝手にくっつけてるから全然しっくりこないしねぇ。。。

いつごろからそんな風潮が始まったんでしょうか?


配給会社の考えてるところが、いまひとつ判りません。
[PR]

by shika_monologue | 2010-10-19 07:18 | BLACKな話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード