歌が癒してくれるモノ

去年からよく聴く、「トイレの神様」。

アレってなんど聴いても涙ぐんでしまいます。

寄る年波で涙腺が緩くなってるのもあるんでしょうけどね。

でもやっぱり、アノ歌は卑怯ですよね(笑)


ほっこりというか、なんというか・・・

いつも「ああ、やっぱ歌っていいよなー、なんか癒してくれるよなー( ̄▽ ̄*)」って

ハンカチ探しながら泣いてます。

最近はそういう歌って少なくなっちゃって、寂しいですよね。

レコード大賞三連覇だっていうエグザイルなんて、癒しの「イ」の字も感じられんし

オタ友じゃないけど、アレならAKBのほうが一所懸命な感じでずっといいし(爆)


「トイレの神様」は植村さんが「歌詞をはしょることはできません!」ってバカ放送局

のカット要望を突っぱねったらしいし、そういう拘りのある持ち歌ってやっぱ素敵です。

むかし、どチンピラ長淵が自分勝手に持ち時間オーバーしたのとはエラい違い。

仮にもアーティストを名乗るなら、その誇りを忘れるな!ってことですよ。


てことで明けてもうすぐ1週間がたとうとしてますが、まったりゆる~く過ごす鹿でした。
[PR]

by shika_monologue | 2011-01-06 22:00 | 閑話休題 | Comments(2)

Commented by ひま at 2011-01-06 23:56 x
あの歌詞がゆるい涙腺をもっともっとゆるくしてしまいます。
心に響く歌っていうものが最近はなかなか無いので
こういう歌を大切にしていってもらいたいって思いますね。
やっぱり年ですかね?(笑)

Commented by 鹿さん at 2011-01-07 13:43 x
往年のウォークマンの猿くんじゃないけど、昔は聴いて涙する歌って
いっぱいあったように思います。
涙の理由は人それぞれでしょうけど、そんだけ心に語りかける曲が
多かったです。
最近はry
名前
URL
削除用パスワード