「22:22」の不思議

最近、改めてアナログ時計が好きなんだと実感。

あのちょっと曖昧な時間の表示が私には合ってます。

なんでそんなことを今さら・・・とお思いでしょうが、ちゃんと理由があるんですよ。


ここんとこ、なんだか「22:22」に付きまとわれるんです。

携帯の充電が終わって「ピピッ」って鳴ったから見てみると・・・「22:22」。

HDDレコーダーの時計表示をふと見てみると・・・「22:22」。

PCのタスクトレイにある時間表示を見てみると・・・「22:22」。

ゲームやっててPSPの時計表示を見てみると・・・「22:22」。


なんなんでしょね?

体のリズムが「22:22」に時計を見るようになってるんでしょうか・・・(^^;)

これがアナログ時計なら、「ああ、10時20分くらいだな」で済むんですがね。

デジタル表示されると、これでもかっ!てくらいに「22:22」を見せつけられる。

なんだか時間というものに追われてるようで、やっぱ好きになれません。。。
[PR]

by shika_monologue | 2011-03-02 22:56 | 時計の話 | Comments(2)

Commented by ひま at 2011-03-03 15:26 x
数字にとりつかれた男の映画がありましたよね~。
全ての「23」に支配されているように見えてしまうという映画でしたが
鹿さんは「22」なのですね。
ま、気にしない気にしない~。
Commented by 鹿さん at 2011-03-03 19:33 x
まあ、こんなのたいしたことないっすよ
ただの偶然ですから~(笑)

夜中の3時に必ず目が覚めるよりは、ね・・・(^^;)
名前
URL
削除用パスワード