専門家の姿勢

専門家の人たちってね、普段から自分の一番苦手な分野について勉強して

おくってことが必要だと思いません?

たぶんその時、説明の1割くらいしか判らないことに気づくと思います。

普段触れていないことって、ほとんど「ちんぷんかんぷん」だってことを

よく理解しておかないといけないんじゃないかと。

どうもね、自分たちが普通に使ってる単語、通例的に使ってる言い回し

は誰でも判ると思ってる傾向がありますよね・・・たとえば『ただちに』。

特に学者さんたちはね。

今も池上さんの番組観てたけど、池上さんが専門家の言葉を必死に噛み

砕いてしゃべってたし。。。


音楽全然知らない人に『B7sus4』って言っても、なんのことだか判らない

でしょ?

このブログ覗いた人の何%が、これをきいてすぐに判るかってことです。

「なにそれ?」と思っても、じゃ自分で調べてみようという人はあんまり

いないんじゃないかな?

もっと一般的な言葉で説明しないと、余計に不安が増幅しちゃうような

気がします。


----------------------------------------------------------------------------------

<03.31追記>

例の『AC』のCM。

最近ちょっとした異変がありますよね?

それは「あいさつ」のCM。

「さよなライオン」だけ、音がめちゃ小さくなってるような。。。

なんでだろ?
[PR]

by shika_monologue | 2011-03-30 21:53 | BLACKな話 | Comments(2)

Commented by ひま at 2011-03-31 22:39 x
池上さんに解説してもらって
やっとなんとなくわかってきたような気がします。
「シーベルト」の次は「ベクレル」ですからね。
どう違うのか?と思っていましたもん。
息子も「ネットで調べるよりわかりやすい」と言ってました。
Commented by 鹿さん at 2011-04-01 19:21 x
ねー、やっぱ池上さんがTVから消えるのは大きな損失ですよ。
特に最近は震災関係に限らず、なんだかややこしい単語が多すぎます。
なんでも横文字にしたがるし・・・
名前
URL
削除用パスワード