ノートPCが50万以上した時代を、君は知っているか?

特に電化製品というものは、10年もすれば値段がグンと下がる。

ビデオデッキしかり、液晶TVしかり。

発売当初は『開発費』が上乗せされてるんだろう。

コンピュータでも、それは同じ。



最初にノートパソコンなるものが発売されたとき、その値段に驚いた。

デスクトップの倍くらいもして、企業か金持ちしか持っていなかった。

6~70万もするソレはおいそれと手が出るものではなく、当然高嶺の花。

バッグからノートPCを取り出しておもむろに使い出すなんてのは羨望

の眼差しでみられたものだ。

当時はネット環境なんてあるはずもなく、せいぜい書類を手直しする

くらいの作業しかできなかったが、とにかくカッコ良かった。

それほど遠い昔ではない、2~30年前の話である。


それが今や、3~4万も出せばそれなりの性能のものが手に入る。

街中でインターネットも出来る。

TVや映画も、観ることが出来るのである。

筐体も小さくなり、数kgあった重量も1kg前後まで軽くなった。

技術の進歩というのは、ときに信じられないことを現実にする。


携帯電話もそうである。

初代はその名も『ショルダーフォン』といい、肩から提げていた。

電池も1日持たず、帰宅すれば充電するという日々。

その後、DoCoMoの『ムーバ』というシリーズが出て、ポケットに

入るようになった。

それでも液晶には電話番号が表示される程度。電池もすぐに劣化

して頻繁に充電しないと使えなかった。


そのうち携帯電話でメールのやりとりができるようになり、便利な

ツールとしての第一歩を踏み出した。

当時冗談半分で「いつかは携帯でネットできるようになるな(笑)」

などと言っていたが、今や当たり前のこととなっている。

そして時代はスマートフォンへと移行していく。


PCと携帯の境界線が、どんどん狭くなってきた。

どちらを使うかは個人の判断となるだろう。

しかしPCにはPCの、携帯には携帯のそれぞれの良さがある。

その本来の魅力が薄れるような変化は、進化とは呼ばない。

そう思うのは、私だけだろうか。
[PR]

by shika_monologue | 2012-01-16 19:31 | 閑話休題 | Comments(2)

Commented by ひま at 2012-01-16 22:20 x
娘たちは、スマホユーザーなんですが
同じアプリを使ってるもの同士だと
無料で通話が出来るとか。
こうなってくるともう携帯“電話”じゃないね。
Commented by 鹿さん at 2012-01-17 16:52 x
いえ電でもIP電話同士だと無料とかあるもんね。
電話代がかからない電話・・・うーん(笑)
名前
URL
削除用パスワード