らっぷおん (からの、コメ返)

ご存知のように、食品にラップをかける際にカットするときの音・・ではありません。

また最近流行りの、意味も教養も感じられないエセ音楽・・・でもありません。

原因が見つからないのに、『ピシッ』とか『パキッ』とか音がするアレです。


d0021258_18181236.jpg
あうっ、画像がない!・・・当たり前だけど(笑)


ただこのような音の場合、ほとんどは『家鳴り』というものでしょうね。

寒暖差で建材が伸縮して、その歪みのために音がする現象です。

これが壁の中で鳴ったりするもんだから、その場にいると不気味に感じますよね。


でも、中にはそんなことでは説明できないようなのがあります。

まるで大きな岩でも落ちてきたかのような、『ドーンッ!』という音がしたり。

また、先日の記事の『ポルターガイスト』とともに発生することもしばしば。

どちらにしても、気持ちのいいもんじゃありません。


これからの梅雨の季節、湿気が多くなって『家鳴り』も増えるでしょうね。

その中には『本物』もあるかもしれませんよ。


まあ私は、俳句の季語みたいなもんだと思って諦めてますけど(笑)



(尚、スカイツリーの話題も華麗にスルーww)



------------------------------- Intermission -------------------------------



のぐちさんから、コメントいただきまして。

お返事は、コメント欄でするにはなんだかもったいないような内容だったんで、

コチラで追記する形をとらせていただきました(^^)


◆先日◆

>出汁の味も分からない関東人ですが…


いえいえ、天理ラーメンの美味さが分かる時点で、のぐちさんはこの記事には
当てはまりませんよ(笑)
それに「あっさり」という表現をあまり使わない人が多く、だいたいは「薄味」
と言います。
関東人が関西風の味付けを「薄味」と感じるのは、たぶん「見た目」なんです。
関西じゃ醤油は薄口を使いますから、あまり色が付かないんですよね。
そのうえで出汁をきかせるため醤油を控えめにするんで「薄味」といわれます
が、「あっさり」と「薄味」はぜんぜん違うモンですから。

>中にあんこが詰まったの
そりゃまた強烈な体験しましたね~(^^;
アレはもともとは高知かどっかのお雑煮なんですよ。
純粋な関西人の私でもビックリしましたから(笑)
あんこ以外は伝統的な京都の白味噌雑煮みたいなんで、どっかで高知の方が
嫁いできたかなんかでコラボしたのかもしれませんね。


◆消えゆく文化?②◆

>『煙草』も今ではある種の消えゆく文化かも…


まだね、「体に悪いよー」くらいならガマンできたんですが、最近はまるで病気
みたいに扱うじゃないですか。
あれはめっちゃ頭に来ますねぇ。。。
アル中はヘタしたら隔離してんじゃん!そっちのほうがよっぽど病気じゃん!!
と、常々思ってます。

GARAMは知ってますけど、吸ったことはないですねぇ・・(^^ゞ
たいがいの銘柄は一度は吸ったことあるんですが。
どんどん新しいのが出てくるから、シンプルな昔ながらのタバコってなかなか
売ってないですよね。。


以上、コメ返のコーナーでした(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2012-05-22 19:33 | 怪異の話 | Comments(5)

Commented by ひま at 2012-05-22 21:44 x
らっぷおんは・・・聞いたことはないですね~。
ラップを切る時の音は、毎日聞いてますが(笑)

↓のコメ返の方言の件なんですが
名古屋弁も、名古屋出身者じゃないと
すっごく違和感があります。
でも、関西弁はそうでもない・・・。
やっぱり地元の人にしかわからない
微妙なイントネーションとか言い回しとかが
あるんでしょうねー。
Commented by alive-Noguchi at 2012-05-23 08:54
東京に住んでるってだけで日本人の代表だ!みたいな顔…
は、してないつもりでは居るんですが(笑)、関東(というか東京)の人間が関西は薄味というのは、『ケチ臭い大阪人は醤油までケチってやがる』という感覚なんですよね。
でもそういうのって、かなり古い世代の人が言ってた事じゃないですかねぇ?
最近は殆ど言わない気もするんですが…(苦笑)。

基本的には昆布出汁ベースの関西と、濃い目の鰹節ベースの関東との違いで、おでんなんかも関西と関東じゃかなり違いますもんね。
こうした味付けや食べ物って、言い出したら切りがないですから…この辺で。。。

GARAMはスーリアという銘柄だったんですが、以前は普通の煙草屋さんでも扱っていたんですけど、最近は殆ど見掛けず、外国煙草専門店なんかでしか見ないそうで、一時期自販機でもあったんですけどね。

うちの父親の実家が、昔専売公社の契約農家だった事があって、煙草の葉を栽培してたんですよ。そんな家系に育ったせいなのかかなり小さい頃から(遊びで)吸っていたそうです(爆)。
そんな環境だったので、成人してからは殆どチェーンスモーカー。特に一緒に車に乗ってる時には地獄でした。
Commented by alive-Noguchi at 2012-05-23 09:01
※長くなったので分割

そんな環境の少年時代でしたので、僕は反対に煙草(というよりニコチンの匂い)が嫌いになり敬遠してたんですけど、ある時、とある切っ掛けで知り合いが吸ってるのに遭遇し、その独特な香りに魅かれGARAMに出逢い、その後自分も吸う様になったんですよ ^^

あんこが入ったお雑煮って、高知なんですかぁ…
これを味わったのって、京都でも大きなホテルだったんですけど、正月に遊びに行った時に、大晦日の参拝から帰って来た時(元日早朝)に振る舞ってくれたものだったんです。

それ以来、あんこが入ったものは食べた事は無いんですが(関西で)、そういう事だったんですねぇ。

納得納得 ^^
Commented by 鹿さん at 2012-05-23 19:15 x
>ひまさん
その地方に暮らしてないと分からない、細かいニュアンスってありますよね。
演出家と呼ばれる連中は、そこんとこしっかり見極めて欲しいもんです。
ちょっと脇に逸れるけど、例の二股被害者(?)のモデルじゃないほうの女がね、
「東京で関西弁使ってるのは信じられない」とかぬかしてたんですよね。
じゃお前も大阪に来たら純粋な関西弁で喋れよって話です。
Commented by 鹿さん at 2012-05-23 19:17 x
>のぐちさん
今は子供の頃から旅行とかで全国に行きますから、そういう感覚も薄れてるかも
しれませんねぇ。
昔の人はほとんど生まれ育った場所から動かなかったんで、世界観が狭かったん
でしょうね。

GARAMはたしかにここ数年(以上)見かけませんね。
最近はコンビニでも国産はマイセン系とかばっかりで、なんだか紙臭くて苦手・・・
だから洋モクに走っちゃったんですけど。
あと、コンビニのタバココーナーって番号付けてるじゃないですか。
前にその番号で「6番」って言ったらマイセンの6mgを出してきたことがあって
「そんなら初めからややこしい番号つけるなっ!」と思わずキレてしまいました(笑)
名前
URL
削除用パスワード