今どきのラヂオ局

ラヂオで楽しいおシャベリや、いろんな音楽を届けてくれる人。

『パーソナリティ』とか、『DJ』とかと呼ばれる人たちですね。

だいたいはおシャベリ中心の形態が『パーソナリティ』、音楽中心の形態が『DJ』だと思いますけど。

そう・・・本来、『DJ』すなわち『ディスクジョッキー』というのは、ステージで皿回ししてる大道芸人のこと

じゃなくて、もっと素敵な人たちのことを指します。

古くはレコード、まあそれもCDに取って代わられて久しいと思いますが・・・最近は?

今ラジオから流れてくる曲って、やっぱCDとかを再生してるんですかね?

それともPCとかに取り込んだモノを再生してるのか。。

d0021258_1915849.jpg


収録番組は曲も含めて録音するんでいいけど、リアルタイムにリスナーからのリクエストに応えていく

生番組だと絶対にデータベース化してるほうが楽ですよね。

いってみれば、『いいとも』で次ゲストの顔写真を表示してたアノ方式です。

アレなら、いちいち資料室に走らなくていいし、基本的になんでもござれですから。

曲数には限度があるけど、10年間一度も再生されてない曲なんかは消しといてもいいでしょうしね。


ひょっとしたら私が知らないだけで、もうずいぶん前からそうなってるのかも(汗)

時代は変わっていってますからね。。。

かくいう私も、ラヂオではなくPCで聴いてるし・・(^^ゞ
[PR]

by shika_monologue | 2012-06-04 19:48 | 音楽・楽器の話 | Comments(6)

Commented by ひま at 2012-06-04 22:10 x
「DJ」=「ラジオ」の世代です。
お皿回してる人も「DJ」なんですね。
で、その「DJ」がCD出してる・・・
他人のふんどしで相撲的な?(笑)
ラジオを聴きながら勉強していた世代なんで
通勤時はもっぱらラジオです。
カーオーディオが古くてラジオしか使えないってのは
内緒ですが(笑)
Commented by 鹿さん at 2012-06-04 22:35 x
FMラヂオでエアチェック、懐かしい響きでしょ?(笑)
特に昔のFMは『曲中心』だったから、なおさらです。
今はおしゃべりの合間に曲を流すっていう形態が多くなって
あんまり『DJ』という呼び方をしなくなりましたよね。
でも『DJ』は『DJ』、皿回しの呼び名には使って欲しくないなぁ。。
Commented by alive-Noguchi at 2012-06-05 17:28
少し前まで、オーディオ機器の1つに必ず『チューナー』が有りましたもんね。
それ位、音楽とFM放送って切っても切れない関係でしたが…

NHKFMの『昼の歌謡曲』って、アルバム一枚を紹介する番組が有って、エアチェックでテープに録音するのに随分お世話になりましたねぇ。
しかもDJの人もそれを分かってて、曲には被らない様に最小限の曲紹介で放送するので、大好きでした(笑)。
Commented by 鹿さん at 2012-06-05 18:50 x
外タレが来日公演したら、それを丸ごと放送する
なんてパターンも多かったじゃないですか。
私はよくそんな番組を録音してました。
ガンバってメタルテープなんか買ってきてね(笑)

FMはちゃんとトークと曲を分けてくれる番組が
ほとんどでしたよね(^^)
Commented by alive-Noguchi at 2012-06-12 21:46
ラヂオで思い出したんですが、昔学生の頃…BCLといって海外の放送(もちろん日本語放送)を聴くのに嵌ってて、短波用のアンテナを作って立てたりしながら聴いてましたねぇ。

でも今は、そういった各国の海外向けの放送も殆ど無くなり、ネットラヂオに切り替わって来てますよね。
そうなると、もう完全にデータベース化されたもんなんでしょうねぇ。。。

ちなみに、当時使っていたラヂオはソニーのスカイセンサーという奴なんですが、今でも実家で鹿さんのお嫌いな『野球中継』用にうちのオヤジが使っています…(笑)。
Commented by 鹿さん at 2012-06-13 20:06 x
短波は国内じゃ株とかそゆのが中心で、
そんなもん聞いても全然分からんのに
カッコつけて聞いたりしてました(笑)
懐かしき幼い日々です・・(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード