冷やしあめと冷やしコーヒー

冷やしあめは、麦芽水飴(または米飴)を湯で溶き、生姜の搾り汁や卸し生姜を加えた清涼飲料水。
麦芽水飴を用いるため褐色半透明(琥珀色)で、香り付けにニッキ(シナモン)を加えることもある。
加熱したものは、飴湯(あめゆ)と呼ぶ。



てことで。。

関西じゃお馴染み(?)ですが、けして固形の『飴』を冷やしたものではありません(笑)

さらに『冷やしコーヒー』は『アイスコーヒー』ではなく、コーヒー牛乳に近いもの。

d0021258_13201035.jpg


このように『冷やしあめ』と並んで、駄菓子屋さんの店先とかで売ってました(^^)

色もコーヒー牛乳みたいでしょ。

甘さは『冷やしあめ』に近いものがあり、前述の水飴を使ってたのかもしれません。

尚、これらにピンッときた方は、ある程度以上の世代です。



て、なぜか唐突にこんな記事書いてるし(爆) ←記事自体が、超私信w



------------------------------<Intermission>------------------------------


そして、今日はとうとう・・・

d0021258_18515988.jpg
[PR]

by shika_monologue | 2012-06-07 13:21 | 「ヲタ」な話 | Comments(4)

Commented by ひま at 2012-06-07 22:03 x
「冷やしあめ」って、飲み物だったんですね~。
初めて知りました。
生姜やらシナモンやら入ってて
スッキリした味なのかしら?
Commented by 鹿さん at 2012-06-08 18:28 x
いや・・・甘いのよ、コレが(笑)

しかし、プール帰りにラーメンとは豪勢な。。
私はおでんだったな~(^^)
て、コメントまで超私信(汗)
Commented by alive-Noguchi at 2012-06-12 21:53
初めて盆休みに京都に行った時に飲んで以来、僕も大好き♪
今は東京でも飲めるお店が有って、重宝しています。^^
Commented by 鹿さん at 2012-06-13 20:08 x
らしいですね~、昔はぜんぜん無かったのに。
でも、けっこうクセになるんですよねコレ(笑)
名前
URL
削除用パスワード