3Dと2D

最近、なんでもかんでも3D。

d0021258_1975538.jpg


映画もほとんど3D、飛びだしゃいいと思ってるんじゃないでしょうかねぇ。

はたしてその中で、フツーに2Dで観て面白い映画ってどんだけあるんでしょ?

古典と言われる映画が今も観られているのは、物語として面白いから。

最近のって、3Dという飛び道具に頼ってる感がアリアリ。

これから20年、30年経って・・・今の3D映画がどれだけ生き残るか楽しみですねぇ。


あれ?

これって、『今の流行りの音楽』として書いた記事とよく似てるなぁ・・(-_-;
[PR]

by shika_monologue | 2012-06-10 19:32 | 「ヲタ」な話 | Comments(4)

Commented by ひま at 2012-06-10 20:03 x
貞子も3Dになったけど
娘曰く「クソつまらん!」かったらしいよ。
確かに技術は進歩して
臨場感のある映像は感動的かもしれないけど
私は2Dで十分だと思う。
Commented by 鹿さん at 2012-06-10 21:56 x
映画ってね、平面のスクリーンの上に如何にして
リアルを表現するかってのが醍醐味じゃないかな~
写真と同じでね。
Commented by alive-Noguchi at 2012-06-15 16:56
最近のテレビドラマもそうですよねぇ。。。

脚本で楽しませるものがどれだけあるのか…
殆どが出演者の名前や漫画の原作等で話題を集めてるだけって、そんな気もしますが。
某有名なメジャーロックバンドの某ミュージシャンが言ってたんですが(笑)、『良い曲っていうのは、例えロックであろうとアンプラグド(アコースティック)でやったって良い曲なんだよ』と。

基本の大事さ、段々忘れられて来てますよねぇ。
Commented by 鹿さん at 2012-06-16 20:07 x
もう話の面白さで魅せる時代じゃなくなっちゃったんですかねぇ・・
たぶんね、昔のドラマってTVの脚本をそのままラジオで放送しても
面白かったと思うんですよね。。
どんな伝え方をしてもいいものはいい、それが本物ってヤツですよね。
名前
URL
削除用パスワード