怪奇・・・じゃなくて、回帰

最近、一旦スマホに乗り換えてからガラケーに帰ってくる人が増えてるらしい。

それだけ、目新しい流行りモノに乗っかった人が多かったってことだろう。

実際どれだけの人が、瞬発的なデータを欲してるんだろう?

そして必要だと主張する人は、それがどれだけ実際の行動に役立っているんだろう?

それはたとえば仕事上とかではなく、その後の遊びに役立ってるだけではないだろうか。

実際に私の周りでスマホを使っている連中が見てるのは、アフター5の情報ばかりである。

あとはゲームとかのアプリがほとんど・・・どのへんが仕事に役立ってるのか非常に怪しい。

CMのように文書を編集して上司に送信、なんてことをしているところを見たことが無い。

ズル休みの言い訳をメールするだけなら、ガラケーで十分だ。


d0021258_1355819.jpg


今更ながらであるが、スマホといえども携帯電話である。

電話による生の声から得られる情報は膨大なものだが、スマホユーザーはそうはしない。

生の声は聞かず、ネットからの情報しか仕入れようとしない。

彼らの相手は電話の向こうにいる人ではなく、小さく四角い画面だけなのだ。

それならばスマホやタブレットよりPCのほうが(ネットブックであっても)情報量も多いし、

他のことにも応用範囲は広い。


話が逸れてしまったんで、元に戻そう。

一旦スマホに行って戻ってきた人は、そのスマホによってもたらされる情報が実際には

それほど役に立っていないことに気付いた人たちではないだろうか。

そんな人たちが携帯電話としてスマホを持った時、あることに気付くだろう。

本来、携帯とは通話機器なのに、幅広で極薄なスマホは通話時のホールド感が悪い。

黒電話で育ってきた世代としては、頬までしか届かないスマホはなんとも心もとないし。

そういうところも、『出戻り組』が増えてきた一因なのかもしれない。


しかし、悲しい現実がある。

それは、ガラケーの新機種がほとんど発表されないことだ。

特に現在私が気に入っているスライド型の端末など、Softbankで1~2機種見られる

のみとなってしまっている・・・選択肢が非常に狭いのだ。

各キャリアは、あまりにスマホ偏重な現況を見直すべきだと思う。

『話す』という本来の機能に優れたガラケーの需要は、たぶん今後も無くならない。
[PR]

by shika_monologue | 2013-02-13 13:10 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

Commented by ひま at 2013-02-13 16:04 x
うちの職場でも
店の中まで入ってきてすぐに
スマホで映画のタイトルを調べたりしているお客さんを
ちょくちょく見かけます。
通路だろうがなんだろうがお構いなしに。
挙句、スマホでジャケ写を見せて
「コレってあります?」ですと。
スマホユーザーはマナーが悪いったらありゃしない。

   ~個人の感想です~
Commented by 鹿さん at 2013-02-13 17:09 x
売り場で言ったことありますよ・・

『メガネ忘れたんで、小さい画面見えないんですよ~、はははは~♪( ̄- ̄)』

   ~個人の対応です~
名前
URL
削除用パスワード