(4) 予感

そして・・・アパートに戻ると、階段の下に猫がいた。

さっきと同じ体勢で、まるで置物のようだ。


『よう、まだいたのか・・・ウチに帰らなくていいのか?』

『・・・・・』

『ははは、何言ってんだろうな俺は』


カエルうちナンテナイヨ・・・


『!』

『・・・・・』

『やっぱりお前なのか?』

『・・・・・』

『どうしちゃったんだ?、俺・・・なんかおかしいよな』


キヅイテナイノカ?


『何だよ、お前なんか知ってるのか?』


ソノウチ、ワカルヨ・・・


『教えてくれよ、何が起こってるんだ?』

『・・・・・』

『なあ、お前何か知ってるんだろ?』

『・・・・・』

『今度はだんまりかよ・・・』

『・・・・・』

『何なんだよ、いったい』


そう呟きながらも、猫に話しかけている自分がバカらしくなってくる。

ふと我に返って周りを見渡したが、幸い誰にも見られていなかったようだ。

そのまま部屋に戻ろうかとも思ったが、どうしても猫のことが気になった。

都会での一人暮らし、相手が猫でもいないよりはマシかもしれないな。

そんなことを考えてる自分がいる。


『帰るところがないんだったら、ウチに来るか?』

『・・・・・』

『遠慮するなよ、食い物も買ってきたからさ』


にゃ~


と一声発すると、階段を上がる私を追い越して行く。


『どうした?、猫みたいな声出しやがって』


にゃ~


『さっきみたいに喋ってくれよ、俺が言ってること判るんだろ?』


追いかけていくと、彼は私の部屋の前にちょこんと座っていた。


『やっぱり判ってるんじゃないか』

d0021258_19262188.jpg


もうそれが不思議でもなんでもないような気がした。

すでに状況を受け入れ始めた自分がいる。

部屋のドアを開けながら、これから相棒になるかもしれない彼に声をかけた。


『まあ入れよ、ゆっくりしていってくれ』


こうして私と彼の奇妙な共同生活が始まったが、このときはまだ彼の正体を何も知らなかった。

ただ一つだけ・・・


何かが大きく変わる、そんな気がした。




・・・続く
[PR]

by shika_monologue | 2013-04-13 20:22 | この物語はフィクションです。 | Comments(4)

Commented by kupoa_kupa_5i7i at 2013-04-15 01:44
声かけちゃうんですよね わかります。
なにやってんだろ ってのも^^;

どんな続きなのでしょうかぁ?
・・怖いのは いやいやよーー;
Commented by 鹿さん at 2013-04-15 18:10 x
にゃんこやわんこに思わず声かけちゃうのは
ありますよね~
で、やっぱりその跡まわりを確認したり(笑)
ダイジョブですよ~、怖くはならない予定です。

あくまでも『予定』だけど・・・(^^ゞ
Commented by のぐち at 2013-04-25 15:59 x
な、なにが・・・変わるんだ!?

予定とは常に変わるもの(笑)、話は変わりますが、こうしたアパートの名前、最近は◯◯荘という名前って見かけなくなりましたねぇ。
ハイカラな横文字だったりして(爆)。
Commented by 鹿さん at 2013-04-25 18:26 x
不二子マンガでお馴染み「ときわ荘」とか超有名ですよね(^^)
手描きの木の板で看板かけてたものですが。。

ウチのボトアパートも「〇〇ハイツ」ですから(笑)
名前
URL
削除用パスワード