ああ・・・そうか

その昔・・・というほどでもない昔、音楽はアナログレコードでした。

LP1枚だと、両面合わせて40~45分・・・短いものだと30分くらいのもありました。

逆に言えば、それだけ中身が濃かったんじゃないでしょうか。

d0021258_18495458.jpg


LPはCDに取って代わられ、収録時間も60~70分くらいとなりました。

収録時間だけでみれば、LP時代の倍近くになってます。

単純計算では、リリースにLP時代の倍かかってもおかしくないということです。

でも、ともすればリリース期間は短くなってる?って現在ですから・・・

それじゃ中身が薄くなって、すぐ飽きられるのも仕方ないのかもしれませんね。

結果、ますますリリース期間が短くなる・・・まあ、ニワトリと卵のような話ですが。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-04-18 19:48 | 音楽・楽器の話 | Comments(4)

Commented by ひま at 2013-04-19 20:33 x
レコードは大切に大切に扱っていましたよねぇ。
買う時も、じっくり選んで。
名盤と言われる作品が多いですが
ダウンロードで手軽に入手出来る今は
後々まで残る“名曲”が何曲あるか、ですね。
Commented by 鹿さん at 2013-04-19 20:43 x
ハッキリ言って・・・・・無いっ!
Commented by のぐち at 2013-04-25 16:07 x
レコードを掛けるのって、鳴らすまでが一種の儀式でしたよね。
その手間を掛ける余裕と時間が、何ともいえない時間だった…

そんなゆとりを楽しむという、余裕が無くなったんでしょうね、何事にも。
Commented by 鹿さん at 2013-04-25 18:33 x
うちにもアナログレコードはいっぱい残ってるんですよ。。
プレイヤーもないのに(汗)

今の若いのってCDとかDVDとか平気で再生面をベタベタ
触るじゃないですか・・・いちおう取扱注意として「触るな!」
って書いてあるのに。。
レコード世代から見ると、あれは信じられないんですよねぇ・・
名前
URL
削除用パスワード