(5) 倦怠感

何かが大きく変わる、そんな気がした。


始まってみると、彼との同居生活も悪いものではなかった。

だがあれ以来、もう一月も何もしゃべってくれない。

いろいろ聞きたいことはあるが、こちらから話しかけても答えてはくれないのだ。

ただ私の問いかけは理解しているようで、都度『にゃ~』と返事をしてくれる。

一人暮らしでこれまでテレビしか話し相手がいなかったので、それだけでもなんだか気が紛れる。

相変わらず体調が優れないが、誰もいないよりは心強いものだ。


『そういえば、まだ名前を付けてなかったな』

『にゃ~』

『いつまでも「お前」じゃ可哀想だし・・・何か希望はあるか?』

『・・・・・』

『うーん、太郎って感じじゃないしなぁ・・・』

『・・・・・』

『トラ・・・でもないし』

『・・・・・』

『J・・・は、知り合いんちにいるし』

『・・・・・』

『なあ、どんなのがいい?』

『・・・・・』

『そういや、なにかのアニメでしゃべる猫がいたっけ・・・「バロン」だったかな?』

『にゃ~』

『気に入ったのか?』

『にゃ~』

『じゃ、バロンでいいか』

d0021258_18241821.jpg


彼がにっこりほほ笑んだような気がした。


『なぁ、バロン・・・お前あのときはしゃべってたじゃないか、あれはやっぱり俺の気のせいか?』

『・・・・・』

『たしかに風邪気味でちょっと疲れてたけどさ、猫がしゃべるなんてやっぱヘンだよな』

『・・・・・』

『でもあれからなんだか、体がダルいのが抜けきらないんだよな・・・微熱もある感じだし』

『・・・・・』

『お前、何か知ってるんじゃないか?』

『にゃ~』

『知ってるんなら教えてくれよ・・・俺、どこか悪いのか?』


トキガキタラ・・・


『やっぱり・・・お前しゃべれるんじゃないか』

それでも最初ほどは驚かなくなっていた。


ソノトキガキタラ、オシエテヤルヨ


『何だよ、教えてくれよ! 気になるじゃないか』


ダイジョウブ・・・マダ、ダイジョウブ


『そうか・・・でも「まだ」ってことは、そのうち何か起こるんだな?』

『にゃ~』

『判ったよ、こうなったら焦ったって仕方ない・・・覚悟を決めることにするよ』

『にゃ~』


それからしばらくはいつも通りに過ごした。

本調子ではないものの、日常生活に支障が出るほどでもない。

朝から仕事して、食料を買って帰宅する。

休みには件の喫茶店にも出入りしているが、バロンと同居するようになってからその頻度も減った。

思えばずっと話し相手が欲しかったのかもしれない。

相変わらずたまにしか答えてくれないが、私自身は口数が増えたように思う。


同居生活も数カ月を過ぎ、まもなく50歳の誕生日を迎えることとなった。

一般的に会社では50歳の誕生日には一週間の休みが貰え、その間に医療機関で検査を受けられる。

若いころから大人たちがそうしていたし、その年齢に近づいてからは周りの同年代の連中も同じだ。

これは国で定められていて、検査費用も無料なので負担にはならない。

私も今日、勤め先から検査の案内を受け取った。

この検査ができる医療機関は限られているようで、近くにある国立病院が指定されている。

訊いてみると、マスターも先日の常連客も同じ病院で受けているとのことだった。


休みの間の業務を同僚に引き継ぎ、とうとう明日から検査となった夜。

久しぶりに、バロンがしゃべり始めた。




・・・続く
[PR]

by shika_monologue | 2013-05-01 20:12 | この物語はフィクションです。 | Comments(5)

Commented by ひま at 2013-05-01 21:47 x
ぅわっ!またまた続きが気になるぅ~。

早くっ♪早くっ♫
Commented by 鹿さん at 2013-05-02 18:22 x
そろそろ佳境に入ってくるかと・・・(^^ゞ
Commented by のぐち at 2013-05-09 14:31 x
僕もこの頃…家での話し相手が欲しいなぁ…なんて…

気がつくと、テレビに突っ込んでる自分が可笑しくなって、自分で笑ってたり(爆)。
どこかに喋るニャンコ居ないかなぁ…!?
Commented by のぐち at 2013-05-09 14:33 x
余りにも自分の短編と似た部分が有り、下手に突っ込んじゃうと核心を突いちゃいそうで怖い。。。^^;
そんなこんなで、自分の短編(ニャンコ編)はこのお話が終了後にしますね(苦笑)。
Commented by 鹿さん at 2013-05-09 21:30 x
もう終盤なんですけど・・・
残りのボリュームがハンパなんですよねぇ。。

ちょっと長くなるけどあと1回で終わるか・・
2回に分けるか・・・
むりやり短めにするってのもアリなんですが。
まあ長くてもあと2回で終わると思います(笑)
名前
URL
削除用パスワード