無意識の恐怖

先日、スーパーでの自分の感覚に驚いた。

店内をうろちょろしてて気付いたのが、ある程度以上の値札は『無意識』にスルーしてたこと。

所持金には関係なく、たとえば300円以上とか・・・明らかに『買う』対象から外れている。

いつのまにこんな能力が身に着いたんだろう?

一人暮らしが長いからか、まるで『主夫』である。。


そしてそれは、お店によってその基準が異なるようだ。

たとえばスーパーとコンビニでは、50円ほどの差がある。

すでに職人技の域に達しているのだろうか・・・(笑)



てか、そんなことを気にせず買い物してた時代が懐かしいよね。。。
[PR]

by shika_monologue | 2013-06-26 19:31 | 閑話休題 | Comments(4)

Commented by ひま at 2013-06-26 20:16 x
すごっ!
長年主婦をしてきたけど
そういう能力は備わってないです。
一応、値札は見るけど
「あら・・・お高いのねぇ」と言って戻します(笑)
Commented by 鹿さん at 2013-06-26 21:57 x
なんか視覚から脳での処理の間でフィルタが
働いてるみたい(笑)
Commented by のぐち at 2013-06-27 00:56 x
スーパーは、いつも閉店間際に行く事が多いからか、『割引』のシールが張ってない物は、視界からはずしてる気が…(爆)。
Commented by 鹿さん at 2013-06-27 14:23 x
私はスーパーよりコンビニのほうが利用率が高いんで
割引シール制度を取り入れてくれないかな~と、いつも
思ってるんですが・・・(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード