ラスト

1979年8月15日、前作以来実に3年半ぶりの新作はこれまでの彼らのアルバムとは
明らかに一線を画したものとなりました。

d0021258_0204115.jpg


特に「PRESENS」がペイジのギター・アルバムだったのに対してこちらはジョンジーの
キーボード満載、YAMAHA GX-1 というモンスターを操り、ヘタなプログレ・バンドより
それらしく仕上がっているこのアルバムは80年代のリスナーにどう聴こえたのか?

ツェッペリンを「プログレ」というカテゴリに入れようと錯覚した人たちがいたのも頷ける
音ではありました。


IN THE EVENING
しょっぱなからジョンジー全開ですね。
始まったとたんにそれまでのアルバムとは違うなってのが判ります。
別に曲調が全く変わってしまったってワケじゃないんですけど、音創りという面では
ギタリストであるペイジとは色合いが異なるのが一曲目から実感できますね。
前評判で聴いていた「ジョンジー・プロデュース」という作品に対する期待と不安が
入り混じったような気持ちが払拭されたような瞬間でした(^^)

SOUTH BOUND SAUREZ
こちらは軽快なピアノの連打から始まる曲。
全体的な印象も「軽快」という言葉がぴったりな感じがします。
このアルバムの中では好きな曲のひとつなんですが、それはやはりペイジのリフが
聴いているからかも(^^)
このリフ、ちゃんと音出そうとするとけっこう難しくてねw、感じとしては「聖なる館」の
「デイジャ・メイク・ハー」みたいな感じかな?

FOOL IN THE RAIN
面白い構成、というか途中で聴けるサンバ風のアレンジが逆に新鮮というか。
でもサンバって本来軽快なものであるはずなのに、やはりボンゾのドラミングは重いw
またペイジにしては珍しく、ソロのギターの音が思いっきりファズ・サウンドなんですね。
この曲なんかを聴くとたしかにジョンジーのアルバムだなってのが実感できますが、
それでもZEPPを肌で感じることが出来るのは、ボンゾの存在感が大きく関わってます
よねw

HOT DOG
このアルバムでは珍しいペイジ・プロデュースによる曲。
てか、ほとんどお遊びで入れられたんじゃないか?って感じですね(^^)
カントリー&ウェスタンな曲調も楽しく、ペイジのギターも昔のバンドのソレを思わせる
音創りがされてます。
実際、普段そういう曲調のギターを弾いてない人がやったら、こんな感じになるんじゃ
ないかという感じが面白いですね(^^)
ボンゾもぜんぜん難しいことしてないしw

CAROUSELAMBRA
これぞ「ヘタなプログレ・バンドよりもプログレしてる」曲です(爆)
前作でも一曲目(アキレス)はけっこう長い曲で、いくつかのパートで構成されていま
したが、こちらもそういう感じで途中で印象が変わる、いわば組曲といった風ですね。
実はこの曲、私の中ではライヴで聴いてみたい曲なんですが・・・
後期のZEPPが日本に来ていたらと思わせる一曲です。

ALL MY LOVE
YAMAHA GX-1の実力が明確に現れてる曲ですね。
ジョンジーがそれ以前に使っていたキーボード群、特にメロトロンなんかはステージ上
ではライティングの影響とかをモロに受けてたみたいで、テープが伸びたりモーターが
ヘタったりというトラブルが日常茶飯事だったと語ってましたが、このバケ物を手に入れ
たことでツェッペリンというユニットの中でキーボードが主役になりえた、ということが
よく判ります。

I'M GONNA CRAWL
アルバムの中で必ず一曲は入ってるブルージーな曲、このアルバムではコレですね。
ここまで聴いてきてやはり実感するのが、ボンゾの大人しさ。
ハデなオカズも少なく、リズム・キープに徹しているというか(音は重いですけどねw)
ペイジとともにこれまでのツェッペリンのアルバムとは一線を画した演奏は、聴く者に
どんな印象を与えたのでしょうか。
だからこそ、このアルバムに入っている曲をライヴで聴いてみたいという思いがやはり
膨らんじゃいます。


このアルバムの後、ペイジとボンゾは「このアルバムは大人しすぎる、次はもっと
アグレッシブなのを作りたい」と言っていましたが・・・それは叶わぬこととなりました。
確かにボンゾにしては抑えた演奏というか、イメージ的にはやはりキーボードが耳に
残りますが「次のアルバム」を聴いてみたかったという思いはあります。

とにかく事実上ツェッペリンとしてのスタジオ・ワークでは最後となった本作品。
80年代の彼らを占う上では貴重な意味を持っていると思いますが、皆さんはどう聴く
でしょうか?



【とうとう】
二日連続になっちゃった・・・(^^ゞ

てか、他に記事がなかったのよ~w
[PR]

by shika_monologue | 2005-10-03 00:21 | 鉛の飛行船の話 | Comments(1)

Commented by kawamu at 2005-10-03 09:09 x
他に記事なくてこれが書けるのがすごいですよ~(^o^)
あーざぁっす!
梅田は駄菓子でした(^o^;すみません!
鹿さんのいわれるとおり、明石焼きのノリなんですが、結構パリっと
焼いてあって飲んだ後に良かったりします!三宮は「花門亭」が4件
ぐらいあるんですよ(^o^)
名前
URL
削除用パスワード