災害

先週は各地で大雨被害がありました。
最近のはなんか、限度を超えてるような気がします。
市街地の道路が水浸しになるなんて、以前はそうそう起こらなかったですよね。
それが今じゃ川のようになって、車が立ち往生しています。
排水溝からは水が噴き出したり。。。

d0021258_2035062.jpg


山沿いじゃもっと心配なことがあります。
道路が寸断されtり、地滑りが起こったり。
2年前にも奈良県の南部から和歌山にかけて、大きな被害がありました。
ニュースで現地のお年寄りのお話とか聞いてると、やっぱり故郷は捨てたくない
って方が多いです。
この感情は、都会に暮らす人にはあまりないと思います。
俗に田舎と言われる地域に住む方のほうが、その土地に愛着を持ち離れたくない
という気持ちが強いでしょう。
でも現実問題として、そういう地域のほうが災害による被害が大きいです。

皮肉なものでそういった被害があった場合、なぜか被害地への対策より都市整備
を強化しようとします。
実際に被害に遭ったところの復旧は遅々として進みません。
昔に比べて影響は大きいけど、それでも都会では住処を無くすというところまで
はいかないのに、なんだか自分達さえ良ければいいという行政の思惑が見え隠れ
して気持ちのいいものではありません。

戻りたくても戻れない、そんなお年寄りたちの気持ちをもっと尊重するべきでは
ないでしょうかね。
[PR]

by shika_monologue | 2013-09-10 20:35 | 雑学的な話 | Comments(2)

Commented by くろえび at 2013-09-13 19:36 x
都市整備が進まん都心は、集中的な雷雨に下水が対応できず、お盆にうちの仕事場の駐車場スペースが床上浸水の被害を受けてしまい、泣く泣く自腹にて排水工事をするはめに…(泣)

災害というにはおこがましいが、うちの復旧の面倒もみて欲しいぞ(苦笑)。
Commented by 鹿さん at 2013-09-13 20:09 x
ま、人命優先ってことで都心部はしばし我慢を (^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード