しーずん・いん・ざ・終盤

なんの?って・・・忘年会の、なんですけどね。
先週すでに音楽仲間での宴会はやったんですが、昨日は職場の忘年会でした。

この忘年会、場所についての候補が事前にいくつか提示されてたんですけどね。
そのほとんどが『もつ鍋屋』だったんですよ。

いやいや、もういい加減『もつ鍋』至上主義はやめろよと・・・
いつまで踊らされて有難がってるんだと・・・
俺は獣のはらわたなんか食いたくねぇんだと・・・

まあ丁寧に幹事を説得(笑)し続けて、なんとか『しゃぶしゃぶ』に落ち着いたワケです。
(音楽仲間のほうは行きつけの居酒屋さん、大人数で行くときはメニューが豊富なんで便利ですよね)
ところが行ってみると、今度はほとんど『ぽん酢』しかないんですよ。

こらこら、胡麻だれはどうしたと・・・
俺はぽん酢が大嫌いなんだと・・・
無いならそこのコンビニで買ってこいと・・・

これまた紳士的にボディブローを喰らわ・・・そうと思ったけど、これはまあ幹事のせいじゃないか(笑)
確認したところによるとその店のオリジナルだかなんからしいけど、そんなもんは知ったこっちゃないし。
でも世の中、ぽん酢つけときゃ美味いと思ってる連中が多いらしく、『ええ、もったいない』とかいう声も
聞こえてきたりするもんだから『なんでお前が好きなものは世の中皆が好きじゃなきゃイケないんだ?』
と説教の一つもしちゃうワケですよ。

私は他人と100%好みが一緒なんてことはあり得ない(実際そう)と思ってますから、趣味を押しつけ
られたり、そのことについて『もったいない』とか言われるのがイヤなんですよね。
たとえば、『魚食えない』っていったら『人生半分損してる』とかいうヤツ。
タクシーに乗ったら当然みたいにプロ野球中継流して、『どこのファンですか?』とかぬかす運転手。

食えない魚を無理して食うよりは食わないほうがよっぽど幸せだし、プロ野球なんてこの世から抹殺
したいくらい大嫌いですから。
どうして自分の価値観が世間の標準だと思うヤツが多いかなぁ・・・何を根拠にそう思えるんでしょ?
悔い改めてほしいもんです ( ̄- ̄)
[PR]

by shika_monologue | 2013-12-26 15:57 | BLACKな話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード