ヤンヤン

先日・・・日曜日だったかな?
晩飯食いながらTV点けたら、TV東京の開局50周年だかの特集番組をやってまして。
ちょうど『ヤンヤン歌うスタジオ』の特集で当時の映像が流れてたんですよね。
ソレ見てて、なんで今こんなに『アイドル』ってのが増えちゃったんだろ?って疑問が
少し解けました。

アノ時代のアイドル達ってね、なんだかんだ言っても歌が(最低限でも、それなりに)
上手かったんだってことを再認識(笑)
あの頃はこういう番組は生バンドがあたりまえでしたから、当然生歌なワケですよ。
それでもちゃんと音程外さずに歌ってますもん。

d0021258_0304556.jpg


まあ・・・ジャニタレとか、例外ももちろんありましたけどね。

今は見た目がちょっと良ければ、簡単にアイドルになれちゃいますから。
それどころか、ちょっとくらい悪くてもねぇ・・・(毒w)
よーするに『質より量』ってことなんでしょうけど、アノ時代に歌番組が多かったのは
そんなところでしょうね。
[PR]

by shika_monologue | 2014-03-04 19:29 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

Commented by くろえび at 2014-03-06 21:52 x
歌番組じゃない、例えばドリフの全員集合なんかでも、前半のコントの後の歌のコーナーでも、大編成の生バンドでやってましたもんねぇ(しかも怖いのは生放送で・笑)。

後、アイドルが増えたのは、AKBの様に団体さんのグループが増えたってのもあるんでは?グループ自体も多すぎますし。。。
Commented by 鹿さん at 2014-03-06 22:25 x
>団体さんのグループが増えた

そこなんですよ。
団体が増えたから数も・・・というより、少人数で聴かせるには
難があるから団体という手法をとった・・・

なんてのはゲスな考えでしょうかねぇ。。
名前
URL
削除用パスワード