私にとって、『アリス』といえば.....




たぶん世間で認知されている『アリス』というのは、『冬の稲妻』とか『チャンピオン』
とか・・・そういった時期の『アリス』なんだと思うんですがね。
でも私にとっては、初期のころの『アリス』なんですよ。

まだ大阪の大学に通っていた時代、『アリス』の前身である『ロックキャンディーズ』と
いうグループのころから知ってましたからね。
そう、チンペイさんがまだ髪の毛フッサフサのころです。
これは動画ではないですけど、使われてる写真からも判ると思いますけど・・(笑)
この『明日への賛歌』や『誰もいない』といった名曲がいっぱいあるんですがブレイク
はしていなかった(本人も言ってますw)・・・そんな時代です。

機会があったら、皆さんにもぜひ聴いてもらいたいですね。
メジャーになった『アリス』とは、まだ一味違った魅力を感じることが出来ると思います。
[PR]

by shika_monologue | 2014-04-23 19:52 | 音楽・楽器の話 | Comments(3)

Commented by ひま at 2014-04-23 20:22 x
メジャーになる前を知っていると
メジャー後の変化に違和感を持ちません?
私の場合はアルフィーでした。
「メシーアン」で売れる前は
今のようなロックじゃなくてフォークソングでしたもん。
長渕剛もそう。
今のような「俺様」キャラじゃなくて
近所のお兄さんみたいだったなぁ。
私がアリスを知ったのは「今はもうだれも」でした。
「帰らざる日々」は大好きだったなぁ~。
Commented by ひま at 2014-04-23 20:27 x
「メシーアン」ってなんだ?(笑)
Commented by 鹿さん at 2014-04-23 21:00 x
サスガ、おニューのPC♪
打ち間違いも愛嬌さ(笑)

デビュー前は自分たちの表現したいものを
発信できても、メジャーになったらレコード会社
とかの方針に縛られたりするんだろうなぁ。。
名前
URL
削除用パスワード