ブリック!

『煉瓦』のことだが、日本では煉瓦で建てられた家や塀はほとんど見かけない。
煉瓦道と言えばやはり欧米、特にヨーロッパだろうか。
建物自体が石造りなのでよく合うが、日本式の木造建築にはしっくりこないのだ。

しかしそんな日本でも、情景として煉瓦道を思い浮かべる時がある。
最近は陽も長くなり、夕方過ぎてもまだ明るい。
どういった状況が揃ったのか、一瞬陽が射し黄昏が朱く輝いた。
そういう夕陽を見ていると、自分が歩く道が石畳のように思えてくる。

そして口ずさむのは・・・



もう40年も前の曲だが、やはり今でも黄昏時の光景には一番似合う。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-04 20:09 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

Commented by himawarie-sun at 2014-07-04 21:18
息子はどうやら北欧テイストが好きらしい。
そういう家を建てられるように
頑張って働いてくれぃと願う母(笑)
煉瓦が似合う風景は、やっぱり日本ではなかなか無いよね~。
まず、電線をなんとかしてもらわないと。
Commented by 鹿さん at 2014-07-04 22:06 x
地震の多いこの国じゃ柔軟性のない石造りの家は
合わないんでしょね。
電線を地下に埋めたところでそれで電気代高く
なったらヤダな~(^^;
名前
URL
削除用パスワード