ブロック!

前記事からの繋がりで・・・というわけではない、ここでいう『ブロック』とは『防ぐ』のほうだ。
永らく日本の携帯電話はキャリアによってSIMロックというブロックが掛けられていたが、最近になり総務省
よりこのSIMロック解除を義務化させる方針が発表された。

d0021258_22485473.jpg


これは利用者にとっては大歓迎である。
日本の携帯事業者は他社への利用者流出を防ぐため、ずっとこのSIMロックをいう方法をとってきた。
利用者は(最近でこそMNPにより変更しやすくなったが)他キャリアへの移行には大変な手間がかかった。
さらに各キャリアは専用の機器しか使用できないため、MNPを利用しても携帯自体は買わなければならず
それが大きな負担になっている。
SIMロックが解除されれば機器自体はそのまま使用し、SIMカードを差し替えるだけでいい。
最近では低価格でサービスを提供する仮想移動体通信事業者というのもあり、選択肢は広がるだろう。
これがキャリア間の競争を加速させ、料金が抑えられることに繋がればいいのだが。。
日本の携帯キャリア各社は、SIMロックによって独占企業並みの高い料金を課してきた。
利権のためにそれを見て見ぬふりしてきた政治屋も、これ以上は無理とでも思ったのか・・・
今回の総務省の方針で、少しでも功を奏せば有難い。
なお、このSIMロックフリーを導入すると各社の割引がなくなるんじゃないかとの心配の声もあるのだが
私はそれは『正常な状態に戻る』だけのことだと思う。
割引ではなく、自由競争で価格が下がればいいだけのことである。

余談だが、総務省ではキャリア契約の2年縛りにもメスをいれるらしい。
これまで都合のよい商慣行を作ってその上に胡坐をかいてきた事業者に、鉄槌を下してほしいものだ。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-05 13:58 | 閑話休題 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード