トニック!

キーの基礎となるスケールの出発点にあたる音。主音とも呼ぶ。
また、主音をルートとするコード(トニック・コード)のことを指す場合も多い。


という意味。
けして炭酸水や整髪料のことではなく、ここではギターソロなどで使われる音階(スケール)のお話。
たとえば・・・

d0021258_0373466.jpg


このように6弦の5フレットを主音(赤丸)として短調で構成されるスケールを『Aマイナーペンタトニック』
という。
またこれと同じ運指で8フレット(青丸)から始めると、主音が”C”となるため『Cメジャー~』に変化する。
さらにキーによって起点となるポジションを変えてやれば、どんな曲にも対応できる。
あとはここに付属音が付加された様々なスケールがあるが、基本的にはこの『ペンタトニック』さえマスター
すれば簡単なギター・ソロなら弾けるようになる。
ようするに、コードを覚える方がはるかに難しいのだ。

が、ロックギターにおけるコードは全ての弦を押さえないことが多い。
そう考えれば、アコースティックギターのほうが習得は楽ではないのだと思う。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-06 14:36 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

Commented by ひま at 2014-07-07 19:49 x
態度がデカイわりに手が小さいから
押さえられないコードがあって四苦八苦してたなぁ。
まぁ、それもいい思い出(笑)
Commented by 鹿さん at 2014-07-07 20:07 x
アコギは特に弦が固いから左手人差し指の『セーハ』で
脱落する人が多かったよね。
私も手は大きくないから苦労したし(汗)
ホント、いい思い出だなぁ・・・( ̄▽ ̄)
名前
URL
削除用パスワード