今思えば・・・

まだ、携帯電話とかなかったころのお話なんだけどね。
よく若者たちが10円玉いっぱい握りしめて、深夜の電話ボックスに籠ったりしてたじゃないですか。
あれって、今思えばめっちゃコワいことですよね。
というか、今のご時世じゃできないことだと思いますが。。

d0021258_2314196.jpg
ずいぶん前にアゲた画像だけど、これとはまた違ったコワさが.....


ケータイがこんなに普及し始めたのって、いつ頃からだったでしょうか。
登場自体はけっこう古いですけど、今みたいに誰でも持ってるってのはそんなに前のことじゃないし。
でもそのころはまだ、女の子が深夜に一人で電話ボックスにいても安全だったってことです。
最近のニュースを見てると、危なっかしくてそんなことできませんよねぇ。
ま、電話ボックス自体も減っちゃいましたけど・・・

もしかしたらケータイが爆発的に普及した要因の一つも、そういうことからなのかもしれません。


-----------------------------------------------------------------------------------


さて、恒例の(?)二本立てw


黄色いチンクに乗ってるルパンですが、初代声優の山田康雄氏が亡くなって来年で早20年。
現在は栗田貫一氏が声を当てていますが、もともとはモノマネでルパンをやってましたよね。

たしかに彼は似てるんですよ・・・モノマネ番組なんでも『そっくりだ』と言われてました。
と、ここでよく考えてみてください。
そうなんです、『そっくり』なんですよ。

『そっくり』という言葉の前には、省略されてますが『本人と』がついてるってことです。
てことは、当たり前のことですが『本人ではない』んですね。
だから初代アニメから知ってる私としてはしっくりこない・・・似て非なるものなんです。

まあね、これは長寿アニメにとってはしかたないことですが。。
ドラえもんだって、波平さんだって、声優さんが代わってます。
最近では波平さんのように、ご高齢のため亡くなられたりする場合もけっこうありますし。

ドラえもんにいたっては、初代の大山のぶ代さんとは全く違いますからね。
でもいっそのこと全然違ったほうが、時間がたてば慣れてくるのかもしれません。
なまじ『そっくり』な栗田氏が声優をやっていることで、かえって違和感を覚える私です。
[PR]

by shika_monologue | 2014-07-28 14:02 | 雑学的な話 | Comments(4)

Commented by ひま at 2014-07-28 19:10 x
最初は山田康夫のルパンにそっくりだったけど
最近はちょっとずつ“クリカン”に寄せてきてますよね。
そこには山田ルパンに対する“遠慮”があるんじゃないかと
勝手に思っているんですが。
Commented by 鹿さん at 2014-07-28 20:28 x
吹き替え映画を観てるとね、アジア系の俳優のほうが
欧米人より不自然に見えることがあるんですよ。
それと同じで『似てる』がゆえの不自然さってのが
気になっちゃう・・・
やっぱヒネくれてるのかな~(笑)
Commented by あん at 2014-07-28 21:06 x
栗田さんの吹き替えもよく似ていますけど、
本家の山田さんのルパンは「語尾」の発音に軽い「遊び」が
あったように思います。
それが軽く好きでした。

吹き替え映画って、画面を見ていなくても「あ、外国映画だ」と
分かりますね。(笑
表現とか発声がオーバーぎみで・・・。
Commented by 鹿さん at 2014-07-28 21:50 x
オリジナルには何者にも代えがたい唯一無二の魅力が
ありますからね。
山田さんのルパン観てからなんだか派生して「ダーティハリー」
まで観ちゃった私です。
やっぱり山田さんの声は素晴らしいですねぇ。。

てか、皆さんB面に食いつき過ぎ(笑)
名前
URL
削除用パスワード