忘れていた、アタック!

『〇〇ック』シリーズ、一度だけ復活。
いや、この言葉に合う出来事が無かっただけなのだが。。
ここでの『アタック』は、挑戦という意味合いが深い。


テニスの錦織圭選手が、世界四大大会の一つである全米オープンの決勝に進出した。
テニスに詳しくない方にはピンとこないかもしれないが、これは快挙以外の何者でもない。
四大大会での日本人のシングルス決勝進出は、初めてのこと。
これまでだれも成し遂げられなかったことを、この24歳の青年がやってのけた。
全英(ウィンブルドン)でいえば、センターコートに立つということだ。

テニスの大きな大会には、全英・全米・全仏・全豪と4つのオープントーナメントがある。
リーグ戦とは違い、一度負けたらそれっきりのトーナメント方式の大会。
決勝に進出したということは、『一度も負けずに』ここまで来たということだ。
しかも第1シードのジョコビッチを破って、というところに大きな価値がある。

錦織選手は現在世界ランク10位以下だが、これで確実に1ケタ台に返り咲くことになる。
四大大会で優勝することはとても難しいことだが、決勝戦はぜひとも応援したい。

最近、スポーツ界で世界を舞台にした活躍をよく目にする。
女子バレーも好成績だったが、テニスを始め柔道や水泳など個人競技が多くを占める。
が、個人に出来ることがチームで出来ない道理はない。
こういうニュースを見ていると、次回W杯でのサッカー日本代表の活躍を期待してやまない。
[PR]

by shika_monologue | 2014-09-07 19:56 | 閑話休題 | Comments(2)

Commented by ひま at 2014-09-07 22:28 x
「25」じゃなくて(笑)

凄いよねぇ、錦織圭!
粘り強さって、日本人の代名詞だったじゃない?
今ってどうなんだろう?と思っていた矢先にコレだもん。
ここまできたら優勝だぁ!
Commented by 鹿さん at 2014-09-07 23:13 x
「№1」でもなくてね(笑)
決勝の相手は過去5勝2敗らしいんで期待しちゃうよね(^^)
優勝したらなでしこJAPAN以来の快挙だ♪
名前
URL
削除用パスワード