怪獣映画に思いを馳せる

まず思い浮かべるのは・・・・・やはり、ゴジラですね(^^)
なんといっても日本の怪獣映画の草分けであり、初登場時の怖さは半端では
ありませんでしたw。
モノクロであるがゆえに光る目が強調され、夜のシーンなどでは際立っていま
したしね。

途中ちょっとオチャラけてしまいましたが、第二次作品では当初の荒々しさを
取り戻し、ハリウッドでリメイクまでされてしまいます。
たぶん「日本のゴジラ」ファンにとっては異質でありましたが、アレはアレで・・・
まあアリかな?

それほど偉大なゴジラに肖って、その後もいろいろな怪獣のオンパレード。
各映画会社がこぞって作りました。

ガメラ、ギララ、ガッパ・・・怪獣といえるかどうか微妙ですがw大魔神など。

ガメラなんかはもう途中から「子供の味方」という明確なイメージが作り上げら
れて、「悪い」怪獣を退治する役目を担ってましたね(^^)

大魔人にしても、アレは弱者の味方だったと思います。
権力に対する抵抗の象徴のように悪代官(だったか?w)を懲らしめる痛快さ
に時代が感じられるかと・・・・・


そういった「映画」の大スクリーンにて怪獣達が活躍した後、TVという文化に
よってそれはウルトラマンなどのシリーズへと移り変わっていきますが、古き
良き時代の怪獣には、ただのノスタルジーではない何かがありました。
(もちろんウルトラ・シリーズは大好きですけど♪)

ただね、どうしても怪獣が主役の映画ですから登場人物についての記憶とか
がほとんどないんですよね~(^^;)
そんななかでも覚えているのは・・かの有名な「オキシジェン・デストロイヤー」
で初代ゴジラを撃退した芹沢博士と・・・大魔神一作目で涙を流した高田美和
さんなのでしたw
あとは強いてあげれば・・・・ハリウッド版ゴジラのジャン・レノくらいでしょうか。

同じリメイクでも「ゴジラ」と「リング」や「呪怨」は性格上ぜんぜん違いますし
そのコンセプトを使って「ハリウッド映画」として新しく作ったところが、私として
はまだ良かったんだと思います。
(「リング」なんかは監督本人がアッチの俳優さんを使って撮り直しただけで
すしねw)


【突然でしょ?w】
なんでこんな記事を書いてるかというと、たまたま今日TVで「ガメラ対ギロン」
をやってたのを観たからなんですけどね(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-02 00:06 | 閑話休題 | Comments(3)

Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-02 10:21 x
この記事書くまでは実はいろいろ伏線があってね~w
ちょっと前に仕事仲間とこの手の話してたら、ゴジラの誕生のきっかけを
知らないんですよ、ソイツ(^^;)
そんでもって「オメーそこ知らないとマズいよw」なんてんで盛り上がってた
ことがあってねw

ジャン・レノはね~、アノ大物らしからぬおチャメさが好きなんすけどね(^^)
Commented by JAM at 2005-11-02 13:58 x
大魔神ってさ~、水戸黄門と同じで誰か殺されたりしないと出てきませんでしたよね。もっと早く出てこ~いw。
Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-02 19:20 x
弥七っつぁんが密偵してるんですよ、きっと(^ω^)
名前
URL
削除用パスワード