針小棒大

《針のように小さいことを棒のように大きく言う意から》小さい事柄を大げさに誇張して
言いたてること。


とにかく『大げさなやっちゃな~』なワケですよ。
チョンと肩が触れただけで、『骨折れた~、金よこせ~』なんていうチンピラと同じレベル。

なんかねぇ・・・最近の抗議団体を見てると、そうとしか映りませんよね。
特に学校関係なんかね。。
『こらっ!』ってちょっと頭をコツンとやったら、『体罰だ、暴力だ』って騒ぎ立てる始末。
『ガツンと言い聞かせる』の『ガツン』も、暴力を連想させるから『コンプライアンス』違反に
なるんだってさ。

じゃ、『コンプライアンス』って何だ?

法令遵守。
法律や社会的な倫理、規範を守って行動すること。
欧米の企業ではすでに発達した概念で、日本でも相次ぐ企業不祥事をきっかけに重視
されるようになった。
解釈によっては単に違法行為をしないというレベルにとどまらず、将来的なリスクを未然
に防ぐ行動までも含む。
そのための具体策として、社内ルールの確立、業務マニュアルの整備などが図られる。


ふ-ん・・・そうですか。。
でもここで一番大事なのが、『将来的なリスクを未然に防ぐ行動』ってところですよね。
ちゃんと叱られなかった子供がそのまま成長してしまうほうが、ずっと『将来的なリスク』だと
思うんですが。。
ようするに今の世の中は、『将来的なリスク』を心配してるんじゃなくて『自分の保身』ばかり
気にしてるだけ・・・実際に子供のことを思ってる識者なんてのがいたら天然記念物です。

日本の外交もそうですよ。
解説者や評論家はすぐに『ここは冷静に対処するところ』とか言いますが、これまで『強気』
に対処した場面なんて見たことないんですけど。
言うべきところは言い引きべきところは引く、であれば『ここは冷静に』なんだろうけど日本
にはそんな勇気は欠片もありませんからね。
これも『将来的なリスク』じゃなくて『自分の保身』を最優先させている、典型的なものですよ。

今後100年経とうが200年経とうが、今の外交が功を奏することはないでしょうね。
その頃になってもたぶん日本は『拉致問題』に頭を悩ませ、『靖国』で責められ、『慰安婦』で
罵られていると思います。
まあ、それまでこの国が続いていれば・・・の、話ですが。。
[PR]

by shika_monologue | 2014-11-07 19:54 | 雑学的な話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード