先日『13日の金曜日』を観てて、ふと思い出した映画がありました。
それは・・・

『シェラ・デ・コブレの幽霊』

という、それはそれは古~いアメリカン・ホラーです。
なんせ私と同い年の映画ですから、当然モノクロ。
ところがこの映画、本国アメリカでも公開されていません。
理由は簡単、『怖すぎた』から。

映画館で上映されていないということは当然諸外国に配給することも無く、幻となったといわれてます。
ところが映画とは面白いもので、よく深夜の映画でも『日本未公開』なんて作品が流れてますよね。
よーするに『映画館では上映してない』けど、『フィルムは入ってきている』ということがあります。
この作品もご他聞にもれず『劇場未公開作品』として、過去に一度だけ『日曜洋画劇場』で放映されたことがあるんですね。

もちろんビデオ化やDVD化もされておらず、今でいえば放送を録画していないと残っていないということ。
といっても1967年のお話で当時ビデオデッキなんてあるはずもなく、生で観た人のみが知っている作品なんです。
今観ようとすれば現存する元フィルムを上映するしかないんですが、現在世界で2本しか残っていないとされています。
放映したTV局は権利が切れればフィルムは返却しちゃうんで残ってませんが、ここで奇跡的なことが。。

なんとその2本のうち1本は、日本の映画評論家が持っているんですね。
2010年にはそのフィルムを使って、神戸・東京・金沢の映画祭で上映されてるんですよ。
ホラー映画ファンとしては、このときに観ておきたかったなぁと心残りでなりません。

そう思う理由の一つは、アメリカン・ホラーではあるものの雰囲気が『怪談』に近いということ。
外国の幽霊には珍しく、『足がない』幽霊なんですよ。
だからこそ影が濃くてノッシノッシ歩く幽霊に慣れているアメリカ人には、よけいに怖かったのかもしれませんが。
観られないと思うとよけいに観たくなる・・・悲しき人間の性ですねぇ。。


ちなみに・・・


この『シェラ・デ・コブレの幽霊』の画像検索をすると、下のようなDVDジャケらしきものがヒットしますが、これは現在でもソフト化はされていないはずなんで誰かが作ったんでしょうかね?
もしホントにDVD化されているとしたら・・・なんとか見つけ出して入手したいものです。

d0021258_1101526.jpg


ひまさん、何か情報ない?・・・(^^ゞ
[PR]

by shika_monologue | 2015-02-15 19:57 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

Commented by himawarie-sun at 2015-02-15 23:16
うーん・・・全くもって情報は無いですな。。。
私も観たことが無いので
一度観てみたい!
Commented by 鹿さん at 2015-02-16 18:17 x
観たくなるでしょ(笑)
ちょっと調べてみたけど、やっぱ
ソフト化はされてないみたいだし。。
そうなると、ますますね・・(^^ゞ
名前
URL
削除用パスワード