卒業『式』ソングではないけれど.....

シューベルツの『風』、いい歌ですよね♪(^^) ←唐突w
学校で『公式』に採用されたってのは珍しいけど、校歌に松任谷由美の作曲作品を使ったって学校も
あったりして堅苦しいだけじゃ面白くない世の中(時代は違うけどw)なんでいいかと(笑)

『仰げば尊し』や『蛍の光』みたいな定番はそれはそれでいいところもあるけど、多種多様化される
現在じゃもっといろいろ『学校ごとの色』みたいなのがあってもいいと思いますよね。
たとえば卒業式で突然『エレーン!』と叫んで『サウンド・オブ・サイレンス』を歌いだす・・・
なんてのはちょっとやりすぎかな・・(^^;
でもまあ『君が代を歌わないから処罰』なんて時代錯誤な決まり事よりは、よっぽど学校や生徒の
ためになるんじゃないかと。。


私にとっての卒業(『式』ではないけど)ソングは、やっぱコレかなぁ。



卒業式後の最後のクラス会でみんなで大合唱したのは、今でもいい思い出になってます。
[PR]

by shika_monologue | 2015-03-09 19:26 | 音楽・楽器の話 | Comments(2)

Commented by あん at 2015-03-09 21:33 x
あ、恐縮です。(笑
当時の公立高校としてはかなり思い切った決断だったと思います。
他校の友人に「卒業式に歌うのは『風』だって」
と伝えた時に「えぇーっ!」なんて驚いてました。。
校長先生もダラダラ長い話をする人ではなく、
バシッと肝心なことだけ言って終わり、の人でした。
Commented by 鹿さん at 2015-03-09 23:06 x
なかなか先進的な高校だったんですね~(笑)
ま、そういう気のきいた校長であるところだからこそ
ってのもあるかもしれないし。
というか、ほとんどの校長は『爪の垢煎じて飲ませたい』
ほうだけど・・・(^^;
名前
URL
削除用パスワード