出版業界に物申す (陰の巻)

ドヘタな絵のストーリー性もなにもないマンガが連載を続けているかと思えば、さぁコレから
どうなるのかワクワクドキドキ、というしっかりしたマンガが急に打ち切られる。

その理由は何かというと、人気投票で得票数が少ないから・・・・だけ。

なにそれ?

マンガってそんなもんじゃないと思う。
まあたしかに読者の意見は大事だろうけど、その汲み上げ方を明らかに間違っている。
これでは新しい才能は育たない・・・というか、わざわざ自分でその芽を摘んでおいて部数
が減ったとわめき散らす。

たまに週刊誌を見ると、似たような作画で似たようなストーリーのマンガばっかり。
独創的な視点で独創的なストーリーのものが見受けられない、なぜならばそういうマンガ
は独創的な感性をもったファンにしか受け入れられないから。

だから出版社は「いい加減にしか読まない、画一的な感性の読者」に向けたマンガばかり
を掲載し、そして自滅していく。

これに似た状況ってどっかで見た。

今の音楽業界がそうである。

いやそんな小さなことでは済まない・・・・日本という国の現状がそうなのだから。
外にばかり媚を売って国民にはそっぽを向くような「バカ総理」が大将をやっている限り、
この国に明日は無い。


                          (from the Dark Side 終わりw)
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-12 00:10 | 閑話休題 | Comments(2)

Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-12 11:31 x
今じゃ「NANA」とか「のだめ」とか・・・少女漫画のほうが勢いあるんじゃ
ないですかね~(^^;)

やっぱり手塚治虫先生とか石ノ森章太郎先生ってのは・・・偉大だった
ですね。。。
Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-12 17:13 x
うん!うん!うん!うん!うん!うん!
聞いた♪聞いた♪聞いた♪聞いた♪(^^)

私が以前行ってた歯医者は「アンパンマン」だったですね~
子供が多かったのかな?w
名前
URL
削除用パスワード