新しい怪談はもう生まれない?

このあいだ『ホンマでっかTV』を見てたんですよ。
そしたらこんな話があってね。

今の時代、怪談は生まれない。
インターネットによる情報伝達の早さが、昔の都市伝説のように話が誇張されるのを阻害する。


という内容。

確かにそうだなぁと、思いました。
何かが起こった時、それは即座に文字ベースでネット上に拡散してしまいますしね。
そこには口頭で伝わる情報のように『尾ひれ』がつく暇もないし、それゆえ事実のみで『教訓』が
無いからです。
怪談や妖怪が先人が残してくれた『教訓』であるという性質を持っているのに対し、ただでさえ
都市伝説にはそれが希薄。
というより皆無といっていいほどですけど、それでも以前は人から人へと伝わる過程は『想い』と
いうものが加わっていきました。
現代社会においてはネット上に文字として流れる情報に、『想い』を乗せるのは至難の業です。
だから何か不可思議な出来事があっても、それが怪談として『発展』する可能性は低いんですね。

そういう意味では、確かに『新しい怪談』というものはもう出てこないのかもしれません。
ちょっと悲しい思いがよぎる、今日この頃です。。
[PR]

by shika_monologue | 2015-08-22 19:42 | 「ヲタ」な話 | Comments(2)

Commented by あん at 2015-08-22 20:13 x
>『新しい怪談』というものはもう出てこないのかもしれません。

ほっ・・・。
Commented by 鹿さん at 2015-08-22 23:52 x
でも、『新しいホラー』は出てきそうですよ。
アレももともと『教訓』なんて無いから(笑)
名前
URL
削除用パスワード