エル・プリメロ

1969年、時計メイカーのゼニスで開発されたオートマチック・ムーヴメントの傑作。

もう35年以上前に作られたエル・プリメロはその後も改良を重ねて今なお高性能な
ムーヴメントとして君臨してます。


皆さんご存知のように、クオーツってステップ・モーターによって秒単位で駆動して
ます。
中にはステップ駆動ではなく滑らかに針が動くものもありますが、その場合は音が
しませんね。

それに比べて自動巻きや手巻きの時計というものは、歯車の組み合わせによって
1秒間に数ステップという動きのため、あの「チッチッチッチッ」という音がします。

この駆動ステップを極限まで細かくし、あたかも秒針が連続して動いているように
見えるほどにしたものが「エル・プリメロ」です。
駆動ステップが細かくなることで1ステップごとの誤差が微小になり、結果時計と
しての機械的誤差まで少なくなった(正確に説明すると違うんですけどねw)この
ムーヴメントは、ロレックスにも採用されて有名になりました。

その後ベーシックなものにクロノグラフ機能が追加されたりしながらも、驚異的な
性能には変わりなく今でもオートマチックの第一線で活躍中です。


これはゼニスの製品でも名品として有名な「レインボウ・フライバック」、30万なり。
d0021258_730193.jpg

[PR]

by shika_monologue | 2005-11-17 07:31 | 雑学的な話 | Comments(2)

Commented by shika_monologue at 2005-11-17 07:53
消しといた~♪
Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-17 10:05 x
↑↑↑私がプーケットの海岸で買ったヤツwのホンモノの話かな?(爆)
名前
URL
削除用パスワード