作者と作品

最近、『売れてる作家』って少ないように思いませんか?
いや、マンガ家のことなんですけどね。

昔は手塚治虫に始まり、石ノ森章太郎・赤塚不二夫・藤子不二雄など、様々な作品を
残してくれたもんです(敬称略)。
彼らはまさに、アイデアの宝庫でした。

でも現在って、流行ってるのはその『作者』じゃなくて『作品』ですよね。
『ワンピース』の『尾田栄一郎』しかり、『ナルト』の『岸本斉史』しかり。
これらの作者の、『他の作品』を私は知りません。
『進撃の巨人』にいたっては、作者名も分かりません。
かろうじて複数の作品が記憶に残ってるのは、ぎりぎり『鳥山明』までですかね。

こんなふうに『それしかない』作家ばっかりだから、コミックスの巻数も多くなって
当たり前なんでしょうね。
それを止めちゃえば、もう世の中から消えるしか道はないんですから。
誰だって、しがみつきたくなるってもんですよねぇ。。
[PR]

by shika_monologue | 2015-09-20 19:49 | 閑話休題 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード