ケムール人と、ゼットン星人 (※ときどき、キュラソw)

夜の遊園地に突如現れ、パトカーの追跡から走って逃げるという離れ業を披露した『ケムール人』。
子供のころ、『ウルトラQ』という番組はモノクロでした。
あ、番組自体がモノクロだったんですよ、けして白黒テレビだからというワケではありません。
(まあ、ウチは白黒だったけどw)

最近になって『総天然色ウルトラQ』というのが出ましたが、やはりエピソードによっては『白黒版』
のほうが雰囲気ありまくりなんですね。
で、この白黒のケムール人もそんなひとつでした。

時は過ぎ『ウルトラマン』の最終話・・・かの有名な『ゼットン』が登場する回ですが、そこに登場
したのが『ゼットン星人』。
主役は『ゼットン』なので(いや、ウルトラマンかw)端役なんですが、当時はビデオなんかもなく
そんなに長時間画面に映ってるワケでもなかった『ゼットン星人』。
しかも人間に化けていたのでスーツ姿のため、全体像がはっきりと把握できなかったんですが・・・

あ、ケムール人だ!

と思ったのは、私だけではないはず(笑)・・・でも何か違和感が。。

後年DVDが発売され、大人になった私はそこで初めてじっくりと観察することができました。
すると・・・

ケムール人だけど、ケムール人じゃない!

ということが判明。
それではご覧いただこう・・・

d0021258_4233160.jpg
こちら、ケムール人さん。


d0021258_4235446.jpg
そして、こちらがゼットン星人さん。


・・・お気付きいただいただろうか?(笑)

ゼットン星人さん、頭部が右に90度回転してるじゃありませんか。
まあ限られた予算や製作期間があるため、全ての怪獣や宇宙人を一から作るのは至難の業。
当然、気ぐるみの使いまわしがあるワケです。
ただそのまま登場させるには無理があるんで、マイナーチェンジが施されます。
いろいろパーツをくっつけたり、外したり。。
中には『二代目』ってことで、そのまま登場することもありましたけどね。

で、ゼットン星人さんの場合は頭部を回転させるという暴挙(?)に出たんですね。
もう一度言いますがメインは『ゼットン』、こっちにお金をかけるワケにはいかなかったんでしょう。

平成になり、『ウルトラマンマックス』に再登場したゼットン星人さんですが・・・

d0021258_4244818.jpg
平成版、ゼットン星人ハイパーさん(笑)


今更デザインを変えるワケにもいかなかったんでしょう、頭が右向いてるのは同じですが、多少
お目目がパッチリしてますね。
ひょっとしたら、ゼットン星ではイケメンだったのかもしれません(笑)

長く続くシリーズでは、こういうのを探すのも楽しみのひとつだったりします♪(^^)


あ、ちなみにタイトルに登場した『キュラソ星人』は・・・

d0021258_42585.jpg
ウルトラセブンにご出演のキュラソ星人さん。


アンヌ隊員とのツーショットは羨ましい限りですが、それは別の話(笑)
顔の印象は全然違いますが、体と頭のバランスなどコンセプトは似てますよね。
ケムール人をリメイクしたのかどうかは、定かではありませんが。。



あ~、ひさしぶりに超『ヲタ』な話だなぁ(笑)
[PR]

by shika_monologue | 2015-09-21 19:53 | 「ヲタ」な話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード