推理モノが好き♪

さて、いつもの不真面目な鹿に戻るとしましょう(笑)


私は昔から、推理小説が大好きです。
といってもあまりにハードボイルドなのは疲れるから、ちょこっとユーモアを含んだものですけど。
学生時代から赤川次郎や小峰元、栗本薫や都築道夫など読み漁ってました。

その流れをくんで、あんまりお固くない推理ドラマなんかもよく観るんですよね。
最近お気に入りだったのが、日本テレビでやってた『掟上今日子の備忘録』。
今どきはもう普通になった、マンガが原作のドラマです。

d0021258_053148.jpg


先日、その最終回がありました。
一度眠ればその全ての記憶が失われる、『忘却探偵』と呼ばれる主人公。
致命的に不運で、なにか事件が起これば犯人と疑われてしまう青年 『隠館厄介』。
その他の登場人物もそれぞれにキャラが立ってて、なかなか面白かったです。

で、ドラマが終わっちゃって『今日子さんロス』という現象が起こっているとか(笑)
これ、分からないワケではないというね・・・私的にも近年ではけっこう上位にランクインしてました。
でもねぇ・・・

全10回なんですよ、これが。
最近のドラマって、なんでワンクールで終わっちゃうんでしょう?
それもオリジナル脚本でもないものが。
というか、番組改編期を言い訳にして実際はワンクールにも満たないことが多いですよね。

せっかく人のふんどしで相撲取ってるんだから、もうちょっと頑張れよって思っちゃいます。
それとも原作があっても、10回やそこらでアイデアが枯渇しちゃうようなのしかいないんでしょうか。

もうひとつ、今クールでお気に入りだった同局の『エンジェル・ハート』。
こちらも9回で終わっちゃいましたしね。
今や何をやりたいのか分からないフジテレビと違って、けっこう面白いものを見せてくれる日本テレビ。
それでもワンクールが限界なのかなぁ。

昔みたいに一年・・・とまでは言わないけど、せめて半年持つ番組を作ってほしいと切に願います。
[PR]

by shika_monologue | 2015-12-21 19:52 | 閑話休題 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード