世にも悲惨な物語 (続・ハードボイルド)

昨日言ってましたデキモノの件なんですが・・・・実は4~5日前から出来てまして、それが
だんだん大きくなってきてたんですよ。
そんでとうとう大き目の梅干くらいになっちゃって、歩くもの痛くなってきたんですね(^^;)

こりゃ~ほっとけない!ってことで、「女医さんだったらどうしよー」という期待不安を覚え
ながら(期待てなんやねんw)病院へ行ってきました。

幸いというか、残念というか(だから、残念てなんやねん!ww)男の先生だったので安心
してズボンを下ろして診てもらったところ・・・・・

これは即切開やな

ニコヤカにのたまわれました(T-T)

どうもリンパ腺付近が化膿して膿がたまっちゃってたようで、ちょっとだけ切って出してしま
わないといけないということでした。

いや、よくあることだし、簡単簡単♪

てな軽い調子の先生を横目に(((((;゜Д゜)))))ガクブル状態の私は、それでも観念して
ベッドに横たわりました。
もう膿でパンパンになっている患部は触られただけでも痛く、必死の思いで先生の触診に
耐えていたのですが、そこでひとこと・・・

そしたら切るよ~♪

なんでそんなにやたらと明るいんだーーーーーっ!!!
て、ちょと待て・・・・麻酔とかそゆのはないの?(@_@;)

どうやらこんなのはホントに日常茶飯事で、言ってみれば髪の毛を切るようなもの・・・・・
切開といってもほんの数ミリらしくけっきょく心構えが出来ていないまま、私の体にメス
入れられたのでした・・・・・

瞬間、まるでトラックにぶち当たられたような衝撃と「ぷちゅ」という感覚があり、続いて
カワイイおしり(爆)に伝わる流れる膿の生暖かさ

おー、出る出る

と楽しそうに搾り出す先生の顔は、まるで悪魔のように見えた私でした。


ホントに張り詰めていたデキモノ君は皮膚も薄くなり、ギリギリまで膿がきていたようで
ほとんど出血もなく、その後チョイチョイと傷薬みたいなのを塗られてバンソウコウをペタ

半時間くらいしたら帰っていいよ

という言葉を残して先生は去っていきましたが、あとに残された私は看護師さんの憐れ
むような視線のもと、しばらく放心状態であったことはいうまでもありません・・・(T-T)



※心臓の弱い方は読まないで下さい・・・・・って、あとから書くなっ!w
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-28 00:04 | 閑話休題 | Comments(4)

Commented by kawamu at 2005-11-28 08:39 x
あはは~、この色使い!どうしちゃったんですか?
看護婦さんには見られたのですか~?心臓の弱くても大丈夫ですよ(o^o^o)
Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-28 10:25 x
いや~、先生が私の心情を察知したのか、惜しくも(んだから、「惜しくも」ってなんやねんっつーのっ!www)看護師さんはおばちゃんでした(爆)
Commented by secretary-a at 2005-11-28 21:17
こんばんはっ!
パソコン立ち上げてすぐに参上しました!
いただいたコメントを目にした瞬間、もっとすごい状況を想像してしまいましたが、ご無事でなによりです~。(笑)
それにしても梅干大になっていたとは!
麻酔なしで切られるんですねー、どうなることかと思いました。
あー、でも本当によかったですね。しかも男性医師で。(笑)
お大事になさって下さい。
Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-29 01:01 x
皆さん、どもアリガトーございます(^^;)

いやいや、ホンマ、エラい目にあいましたw
名前
URL
削除用パスワード