浜田金吾 (今日は短めw)

って知ってますか?
え?「浜田省吾」なら知ってるって?w

山下達郎らと同時代、AORの旗手として活躍したミュージシャンです。
同時に「クラフト」というバンドにもベーシストとして参加していました。
「クラフト」はもともとアメリカン・ロックをベースとしたバンドでしたが、さだまさしの作による
「僕にまかせてください」のヒットで有名になり、そのせいで路線変更を余儀なくされたとい
う・・・ある意味かわいそうなバンドでもあったんですね(^^;)

その浜田金吾氏がこんなコメントを残しています。

 それにしても、最近の曲はヒットしてもスタンダードにならないものがほとんどでしょ?
 売れてる理由も背景もわからない曲も多い。
 もっとも、それがわかっていたら、今ごろボクは大作曲家ですけど、ハハハ

                       (「infoseekニュース」より)

この言葉に200%共感してしまった鹿でした。
[PR]

by shika_monologue | 2005-11-29 00:39 | 音楽・楽器の話 | Comments(9)

Commented by kawamu at 2005-11-29 09:45 x
浜田は全然珍しくないですよね。ただ、金吾と省吾はめったにないですね(^o^;
幾分、今のシーンの方が昔よりアーティストは自由にやれてる気がしますね。子どもの頃、男も女も不細工はあんまり歌ってませんでした。いまはキロロやサンボマスターみたく実力で世に出られるだけ幸せかなと...というより私たちの時より今の若いリスナーは賢いと思います。サンボマスターですよ!(^o^)
Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-29 10:24 x
ところが、さらに遡ると・・・・みんな驚くほどブサイクだった時期があったりします(爆&ごめんなさいw)
そのころってみんな歌がめちゃくちゃ上手かった・・・でも猫も杓子もバンドや歌手になりたいって頃には歌の上手さ、演奏の上手さより「見た目」が重要視されるようになっちゃった時代があり、かわむさんなんかはタイムリーに過ごしていると思います。
今、また個性というものが見直されようとされつつある時代・・・その過渡期にあると思うんですが「誰かのマネ」ではないミュージシャンもぼちぼち登場しだして、私の中でも少しだけ期待感が復活してます。
あとは、それに続く者たちがそういったバンドなりの「マネ」ではなく、自分達の個性をちゃんと出してもらいたい・・・それだけが望みです。
そうすればまた私も「今の音楽」というものを聴くようになると思ってますw
Commented by kawamu at 2005-11-29 13:13 x
>ところが、さらに遡ると・・・・みんな驚くほどブサイクだった
この言葉(爆)がピッタシです。笑いました(o^o^o)
そうそう期待しましょう!いや、なんだったら鹿さんぼくらで作りましょう!(o^o^o)おっさんでも今作ったら今の音楽?っすか?
Commented by wall at 2005-11-29 13:52 x
今の時代、個性もパクッちゃってますよね!誰かの個性な感じなところを自分がいかにもそうですよ!ってな具合で(ビッ!) それが『ウケ』たりなんかしてしまって(^^;)だからな長続きしないんでしょうね!すぐバレるっちゅうねん(^o^)/
Commented by JAM at 2005-11-29 15:55 x
高校の先輩がレンタルレコード店(古っ)の店長やっていて会社帰りによく寄っていました。省吾と並んでいたので当然名前は知っていましたが聞いたことは無いです。

たしかフォーク系と聞いていましたが・・・・。

Commented by secretary-a at 2005-11-29 20:39
へぇー、浜田金吾さん、初めて知りました。
それよりも、奈良の鹿さんって、いったいどんな年代でいらっしゃるのか謎です。イメージでは20代後半かしらと勝手に思っていましたので。(笑)
Commented by 奈良の鹿 at 2005-11-29 22:05 x
ご想像のとおり、「永遠に」25歳の好青年です♪(^0^)/ ←こらこらw、「永遠に」てとこですでに・・・(爆)
Commented by secretary-a at 2005-11-29 22:29
そうですか、そういうことですか。(どういうこと?)笑
Commented by kawamu at 2005-11-30 09:32 x
20代後半...うらやましい(^o^)
名前
URL
削除用パスワード