出し忘れ、ならぬ・・・

.
視界の端に、この季節に似つかわしくないものが。
それは・・・

幽霊・・・じゃなく、扇風機。

ずっとそこにあるのは見えていたはずなのに、しまい忘れてた。
たぶん『掃除して、しまう』という行為を、無意識に拒絶していたんだろう。

羽根とか網とか、洗う手がすでに冷たかった。
こんなことなら、もっと早くしまっとけばよかったと思う。
物事にはふさわしい時期がある、と再認識した鹿だった。


※『しまう』⇒片づける、の意味。


[PR]

by shika_monologue | 2017-10-27 11:44 | 閑話休題 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード