時代は変わるもの?終わるもの?

写真は銀塩からデジタルへ、フィルムからデータ・カードへ。

昨年このブログを始めた頃、デジカメが一般に浸透してきてました。
でもそれはフィルム・カメラとは別物と・・・単なるカメラの形態のひとつだと思ってました。

そして2006年、今フィルム・カメラは風前の灯となっています。
べるさんのブログでもNikonやKONICA-MINOLTAの動向が紹介されていますが、これで
一つの時代が終わってしまうのでしょうか。

私にとっては(たぶん、べるさんも・・・)これはカメラがデジタルに「変わった」のではなく、
フィルム・カメラが「終わった(終わろうとしている)」と感じています。

何よりも私にとってデジカメが受け入れられない理由というのがありまして・・・

これはコンパクト・デジカメの話なんですが「写真を撮る」という行為に「ファインダーを覗く」
が無くなってしまったことです。
最近、よく街中でデジカメを手に写真を撮っている風景に出くわしますがカメラは「覗く」
ものではなくなりました。
モニターに映し出される映像を見ながら撮影・・・カメラ付き携帯と同じ姿勢です。

でも写真って「風景を切り取る」ものだと思っている私には、あれはもはや撮影という
行為ではないわけです。
今はまだ一眼レフはその構造上、ファインダーがあって従来の姿勢で撮ってますが・・・
それもいつまで続くことやら・・・
モニターを見ながら撮る、それは目の前1~2cmにあった「切り取られた日常の一部」
と同じように見えているんでしょうか。

ファインダーを覗くと、その視野以外は見えません。
だから自分の意図する範囲のみに集中できるんだと思ってます。
たとえCCDファインダーであってもいい、この形態だけは残して欲しかった、というのが
正直な気持ち。

そのへんが、フィルム・カメラの時代が「終わった」と感じている最大の理由かもしれま
せん。
[PR]

by shika_monologue | 2006-01-31 00:37 | 写真・カメラの話 | Comments(8)

Commented by wall at 2006-01-31 16:50 x
デジカメとフィルムカメラ、総合格闘技とプロレスのような感じします。  アレ、もしかして僕だけかな・・・(^^;)
今の若い〝子〟達も、プロレスとかゼンゼン見ないのに、プライド..K‐1とかはよく観るし・・・
フィルムカメラも知らないで、いきなりデジカメですもんね! 
・・ アレ・・また・・ なんかちゃうかな!? (^^;) 
Commented by 奈良の鹿 at 2006-01-31 17:50 x
↑う~ん、ちょと違うかも・・・(爆)

フジフィルムの言葉はスゴく胸が熱くなりますね(^^)
そうですよ、いいものはいい!として残すべき文化はあるはずです。
ホント、情報量という点ではフィルムはデジタル信号なんか比にならない
くらいのものを持っている・・・800万画素がナンボのもんじゃいっ!って
いうくらいにね。
ここんところの需要がある限り、急には無くならいないんでろうけど・・・・
そのあいだにメーカーがフィルムの良さを再認識してくれることを祈るば
かりです。
Commented by wall at 2006-01-31 19:14 x
「エヘッ(^^)エヘッ(^^:)」
ちょっと恥ずかしかったので、菊池桃子風に言ってみました(^^;)

ベルさん、ありがとうございますm(--)m ハンセンですこし救われました(^^)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-01-31 20:25 x
よく考えたら証明写真ってフィルムですよね。
アレこそデジタルにして見栄えよく修正して欲しいと思うのは私だけ?(^^;)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-01-31 23:40 x
↑なにか辛い思い出でも?www
Commented by かんくん at 2006-02-01 00:12 x
免許証やパスポート用の街の証明写真もデジカメプリントになっちゃって久しい…。さまざまな現場の写真もデジカメでOKになってしまっている。そしてなによりも、今やケータイの普及によりカメラの所持率は、かつてないほど高まってしまっている…。ふう。

むかし友達がいた高校の写真部には暗室があったものですが、まさかPCとプリンタが真ん中にポツ~ンとあるだけの部屋になってしまっていくなんてことは、ないでしょうねぇ…(T-T)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-02-01 11:45 x
ウチの写真部・・・暗室からでてくるとなんかニヤニヤしてたな・・・・

ナゼだ?(-_-;)
Commented by かんくん at 2006-02-01 17:49 x
わはは♪ でもアレっすね、CDがそうであったように、フィルム写真もマニアックな趣味ってことになっていくんですかねえ…。

映像の世界でも、デジタルVTRになって久しいですし、映画もHiVision化でフィルムに匹敵するクオリティが出せてきましたし…。
さっき久しぶりに映画館行ってきたんですが、最近では映写室もフィルムじゃなくなってきてるらしいです(T-T)/

フィルムじゃなきゃ仕事にならないっていうプロの現場を探すほうが難しくなってきてるのかなあ、悲しいなあ…。
名前
URL
削除用パスワード