遅延系エフェクト・エコーマシン(ちっちゃくなっちゃった編)

さて、遅延系のお話も三日目。
今日はデカかったテープエコーが「BBD」(バケット・ブリケード・デバイス)という素子の
登場により、ちっちゃくなっちゃったところからww

この素子を使ったエフェクターを「アナログ・エコー」または「アナログ・ディレイ」と申しま
して、昨日かんさんが「原理は判らん」とおっしゃっていたモノですね(^^)

一本の線を「音」の信号が通過する場合、なにも障害物がなければスムーズに通って
行きますが、そこに何らかのシカケがあるとスピードが落ちて遅れて出てきます。
このシカケが「BBD」という素子です。

では、どういうシカケかと申しますと・・・

この「BBD」という素子の中には小人がいっぱいいると思ってくださいww
素子の入り口から入った信号は小人達が一所懸命バケツリレーをして出口まで運ん
で行きますが、何もなく走っていった原音に比べて、バケツリレーしていた時間だけ遅
れることになりますね。

そこに遅延が発生するわけです(^^)

d0021258_23113690.jpg

音が遅れるとはいえ、もともとの音程をバケツにいれているだけなので、ピッチとか
は変わりません(多少劣化しますけどね)、ただ遅れるのです。
そのバケツリレーのスピードを変えてやることによりある程度の時間は稼げます。
それでも電子的なその遅延はテープエコーなどの物理的な遅延時間には遠く及ばず
せいぜい1~2秒が限度です。

しかも、それは一回だけ・・・その素子を通り抜ければ終わりなんですが・・・

じゃ、エコーが反復するのはなぜか?
それが音がだんだん悪くなっていく原因になってるんですねww

反復回数を稼ぐために「BBDエコー」では素子の出力信号を二つに分けて、一つを
また入力信号として返しています。
このフィードバックを最大にすると、エコー音はずっと鳴りつづけることになります。
ところがこれを入り口に返す過程でノイズやら、電気的な劣化やら、あらゆる障害が
出てきます。
最初のうちは綺麗にエコーがかかるのですが、回数を重ねるにしたがってその障害
が立ちはだかるんですね。

そのため・・・

ジャン♪・・・ジャン♪・・・ジョヮン♪・・・ジュヮン♪・・・
(中略)
・・・ベイン♪・・・ギュイン・・・ギョワン・・・ドカン・・・ア~カ~イ~リンゴ~ニ~♪

というふうに、だんだんわけの判らない音になっていくわけですね(^^)
(最後のは明らかに違うww)


かんさん、こんなもんで疑問は解決しましたでしょうか?(爆)

その後、BBD素子によって「アナログ・ディレイ」というエフェクターに寄り道していた
遅延系エフェクトは「サンプリング」という技術によって「テープエコーの遅延時間」
と「BBDエコーの音質」という両方のいいとこ取りとなる「デジタル・ディレイ」なるもの
が登場します。

次回はいよいよ、その「デジタル・ディレイ」の話・・・の前にwww
この「BBD」という素子、その特性を活かしていろんなところで応用されています。
遅延信号にちょっと手を加えて原音とミックスしてやると・・・例の効果が得られるん
ですね。

そんなわけで、次回は「モデュレーション系」のエフェクターに寄り道します(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-03-05 00:11 | 音楽・楽器の話 | Comments(7)

Commented by かんくん at 2006-03-05 07:41 x
やっぱり小人さんがいたのね。しかもいっぱい!(・∀・)ワーイ! ←そこに反応するか。てゆーか、さすがにア~カ~イ~リンゴ~ニ~♪てな風にはなりませんて(爆)

ウェザーリポート時代のジャコがライブで、自分のプレイを無限ループさせたバックをリズムにしてソロを演る、有名な曲がありますね。確か8:30に入ってたはず。

さて次回はモジュレーション系てことで質問いいでつか? ディメンションてエフェクターは、どうして音が揺れないのでつか? 原理からして矛盾してる現象と思いますが。悩んでまた起きれませんw
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-05 11:42 x
ジャコのベースソロ、ありましたね~(^^)曲名は忘れたけど←だから調べろよwww
フレットレスの音と相まってナイスでした♪

アナログの頃のほうがいろいろ素晴らしい発想があったんじゃないですかね~・・・でも大勢の小人さんたち集めるのに苦労したって聞いてます(爆)
Commented by 奈良のあしか at 2006-03-05 13:41 x
全盛期には様々な人たちが使ってましたよ(^^)
いまじゃラックマウント・タイプのデジタルディレイになっちゃってるでしょうけどね。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-05 13:41 x
↑・・・奈良の「あしか」て・・・・(T-T)
Commented by かんくん at 2006-03-05 16:12 x
むむ、寝ているあいだになにがあったのだろう?w

ところでいつごろからなのかは知りませんが、最近のコンポやカーオーディオにはロックとかジャズとかクラシックとか、妙なイコライザーが付いてますが、使ったためしがないんです、てゆーかいらない(笑) どーせ付けるならグライコじゃなくてパライコにせい!←一般の人は使い方わからんて(^^ゞ

イコライザーにとどまらなくて、残響処理能力まで持たせちゃってるアンプもあったり、いくらデジタル素子のコストが安くなったとはいってもそんなオマケに手間をかけるより原音を忠実に再生する努力をしてくれ、みたいな。

う、また脱線w
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-05 17:14 x
【一般の人のために】
パライコ = パラメトリック・イコライザーの略
グラフィック・イコライザーの各チャンネルが特定の周波数を増幅・減衰さ
せるのに対して、パラメトリック・イコライザーは増幅・減衰させる周波数帯
を可変させることができる。     (「シカペディア」よりww)
Commented by かんくん at 2006-03-05 23:48 x
うちらの濃ゆい知識、Wikiに生かせないものかな(笑) え?シカ?w
名前
URL
削除用パスワード