十羽一からげ(爆)

ふむふむ、そういえばそんなエフェックターもありましたねぇ(笑)
今は「マルチ」全盛の時代・・・しかもラックに収まっちゃってるんでどうも雰囲気が
でませんが、昔は5cmくらいの短いシールドで繋いで足元に置いてたもんですw

んじゃ、エフェクターと言える物、言えない物w含めて簡単にやっちゃいましょう♪


①ピッチシフタ・ハーモナイザ・オクターバ(モデュレーション系)
原音のピッチを変化させて効果を得る・・・という点では同じ物ですね。
ピッチシフタ・ハーモナイザと呼ばれるものは、先日の「遅延系」の中でもちょっと
書いてましたが原音に対して何度上とか何度下の音を作り出すもの(「ピッチ」を
「シフト」する・・・て、そのままやんw)で、原音を合わせてハーモナイズするように
なってます。
といっても曲のコード進行などから考えると単純に全音に対して同じだけシフトす
ると、どっかでコードの構成音に合わない音が出てくるもので違和感があるんで
すよね~(^^;)
よくバンドで「ツインリード」という構成を聞いたことがあると思います(イーグルスや
ウィッシュボーン・アッシュなど・・・レイナード・スキナードなんかトリプルだった)
彼らが奏でるツインリードはそのコードの構成音にちゃんと合った音で弾いている
ため、あの美しいハーモニーが生まれますがこのエフェクターではそうはいかんw
前後のコード進行などを分析して的確なハーモニー音を出すものがあったらスゴイ
んでしょうけど、そんな製品見たこと無いしね(^^;)
んで、このシフト量を1オクターブにしたものがオクターバ。
これは単純に1オクターブ上とか下を出すだけなんで不協和音が生まれる心配は
ありません・・・私としてはシフターよりこちらの方が使いやすかったですねw

②トレモロ(モデュレーション系)
音を連続的に大小させて震えているようなこうかを出すのがトレモロ。
単純に音量が変化するだけですので、これといって説明することもありません(爆)

③ノイズキャンセラ(圧縮系?)
これはまあ、「圧縮系」エフェクターというより「後始末系」なんですけどねw
いろんなエフェクターを通してくるとその信号にはやはりノイズの影響が現れてき
ますので、最後の最後にそれを目立たなくしよう・・・というものです。
原理的には「サスティナー」と同じ。
アチラは「スレショルド」で設定されたレベル以上を増幅してましたが、コチラは
設定されたレベル「以下」の信号は通さない仕組みになってます。
感度を原音レベルとノイズレベルが入れ替わる(ノイズが目立ってくる)くらいに
設定すると、それ以降の信号は出力しなくなります。
ただ、ノイズ自体のレベルが大きいと通しちゃいますけどね(爆)

④ヴォリュームペダル(コントロール系)
まあ、単純に言えば音量のコントロールを足元でやるためのもので「ワウペダル」
とそっくりな形をしています(^^;)・・・しかし・・・
「ヴァイオリン奏法」というものがあるのをご存知ですか?
手順としては、ギターのヴォリュームを0にしてピッキング→徐々にヴォリューム
を上げていく・・・んですが、ピッキングによる「アタック」が消えてヴァイオリンみた
いに弓で弾いたような音になります。
ストラトのヴォリューム・コントロールはピッキング・ポイントに近い位置にありコレ
がやり易いんですが、レスポールのような配置だとヴォリュームつまみが離れて
いるので右手の移動が忙しく、細かい操作ができません。
そんなときコレを使うと右手でのコントロールがいらないので、この奏法がやりや
すくなるというメリットがありますww

⑤トーンコントロール(コントロール系・・・か?w)
厳密にいえば・・・これも「エフェクト」になる・・・かどうか?
かんさん、15628時間以内に答えなさいっ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、待ちくたびれて寝てたww
全ての音造りはここから始まる、といっても過言ではないのです。
演奏中に頻繁にエフェクターのツマミをいじってる・・・なんてことは、まずありま
せんがこれはしょっちゅういじってます(^^)
基本的にはギターのトーンコントロールとアンプの使い方で思ったより多彩な音
作りができるものなのです。
特にストレートなブルースやロックンロールではほとんどエフェクターって必要な
いと「私は」思ってます(特に「ライヴ」という現場ではね)
皆さん、この「トーンコントロールで音を作る」という過程を怠ってませんか?

⑥ABセレクタ(その他w)
えっと・・・・・2系統の信号系を切り替える・・・・ものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・う゛っ・・・それ以上説明できないっ!!!(T-T)
まあ、しいて言えばこれにも「パッシヴ」と「アクティブ」があります。
「パッシブ」というのは機械的にスイッチで切り替えるのでそのときのノイズなど
が発生しますが、「アクティブ」というのは「フリップフロップ」という電子的回路
で通り道を切り替えるのでノイズが発生しない・・・と、いったところかな?ww

⑦ストリングベンダー(その他w)
昔、ホワイト・クレメンス(だったかな?)というカントリー・ギタリストがいまして、
抱えて弾く形のEギターでスティールギター(ハワイアンギター)のような奏法
が出来ないかということで考案されたのがこの「ストリングベンダー」というもの。
といっても6弦全部ではなくB弦だけなんですけど、ブリッジの後方に弦を引っ
張るパーツがあり、ストラップピンと連動していて引っ張ると音程が上がるよう
になってます。
何らかの効果を得る・・・という点ではある意味「エフェクター」かもしれません。

⑧トレモロアーム(その他w)
ストリングベンダーがB弦だけだったのに対して、こちらは全弦の音程を変える
ことができ、さらに音程を上げるだけではなく下げることもできます。
有名なところではストラトの「シンクロナイズド・トレモロ」や「フライドローズ」が
ありますが、弦の張力などの関係でコード音の構成を保ったままの上下はで
きません。
ところがスタインバーガーのユニット(名前忘れたw)はコード構成を保ったまま
変化することができるという画期的なものでした。

⑨DTS[Digital Tuning System](その他w)
ペイジがカヴァーデイルと組んで日本に来たときゴールドトップのレスポールに
見慣れない機械がついていました。
そんでもってピックアップの横のボタンを「ぽちっとな!」と押すと・・・・
「ギュイーン」という音と共にチューニングが変化し、たとえばノーマルチューン
からオープンチューンというように勝手にチューニングをセットするではありませ
んかっ!!!
ペイジはこれを曲中で効果的に使ってましたが、そこまでいかなくてもギター
のチューニングを変えるのってけっこう手間なんで「欲しいなぁ~♪」と思っちゃ
ったもんです(^^)
今の・・・・・ろくにチューニングもできない若者には、必須アイテムかもしれま
せんねww
(写真のものはグレードアップされているようだけど、構成や配置は同じ)
d0021258_2373375.jpg



と、最後にちょっと毒を吐きながらも(爆)これで一通りかな?(^^)
今日のは後半はエフェクターといえるかどうかは皆さんの判断にお任せすると
してww、次回は「エフェクター順序のおだまりっ!・・・じゃなくて、こだわり」、
てことで。
[PR]

by shika_monologue | 2006-03-21 00:01 | 音楽・楽器の話 | Comments(7)

Commented by かんくん at 2006-03-21 09:19 x
2年近く待ってもらうことになるけど…(^^ゞ (計算したw) DTSってのは初めて知りますた。なんか、えらく大袈裟な仕掛けのようですが(笑)

チューニングに関しての考察も楽しいかもですね♪ ナットの滑りを良くするために、裏技で鉛筆の芯の粉を塗り込んだりしませんでしたか?(笑) あとフロイドローズタイプの、弦をガッチリ固定するという、あれってどうよ?みたいな。最近はフェンダータイプとの中間をとって、ネック側は固定しないというのもあるらしいですが。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-22 09:31 x
暖炉が石造りだったらどうするんだろ?ww
Commented by かんくん at 2006-03-22 21:03 x
あれ?いままで疑問に思わなかったけど、暖炉って普通レンガじゃなかった? (^^ゞ
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-22 22:21 x
実際に火が入っているところはレンガでしょうね・・・木だと一緒に
燃えちゃうしwww
たぶんメイのギターの元になっているのは装飾の部分だと思い
ますよ(^^)
Commented by かんくん at 2006-03-22 23:27 x
ブライアンが日本人だったら、さしずめ仏壇を壊して… ←こらこら!(-_-;
Commented by shika_monologue at 2006-03-22 23:54
「囲炉裏」ってのもアリかもね♪
Commented by かんくん at 2006-03-23 01:16 x
いぶされてていい具合に? う~ん、でも普通に焦げ臭そう(笑)

コタツの天板だと、ひっくり返して麻雀ができるね♪ (しねえよ)
名前
URL
削除用パスワード