史上最高の「エフェクター」、ギターアンプ

かんさんにもツッコまれてしまいましたが、私は普段は「エフェクター」を使いません(笑)
なぜなら・・・

ギターアンプに勝る「エフェクター」はないっ!!

からです(^^)
それならなぜ「エフェクター」について特集まで組んだのか?
前記事のコメントでも触れましたが、「デモテープ」を作るときは必要なんですよね。

ギターの音をラインで拾うにはエフェクターなどを通してライン出力から拾うか、ダイレクト
ボックスを使うか・・・くらいですが、ダイレクトボックス自体はエフェクターではないため、
音的には非常にしょぼいですww(特にロックという分野では・・・)
やはりある程度加工して他の楽器と合わせないと曲として成り立ちません。

そりゃー若い頃は「エフェクター」バリバリで、けっこういくつも繋いでいたんですが年取っ
て演奏る音楽も変わってきて、ライヴではほとんど必要なくなっちゃったんですよね(^^)

「オーヴァードライブ」という「エフェクター」を使用するより、アンプを文字通り「ドライブ」さ
せたほうが素晴らしい「オーヴァードライブ」が得られる・・・ということに気づくまで十何年
かかってしまいました。

もちろん、アンプならなんでもいいわけではありません。
「ヴィンテージのチューブアンプ」・・・これに勝るものはない・・というのは、ひょっとしたら
ただのノスタルジー?、はたまた思い込み?

いえいえ、現在なぜ坂本龍一氏らが「PSE法」に反対しているのか・・・それは、現在の
技術を持ってしても代替がきかないくらいに素晴らしいものだからです。
「アンプ・シミュレータ」なるものを使っても、アノ音は出ないしね♪


そんなわけで、一周年に向けての最後の音楽ネタは「ギターアンプの名機」。
とりあえずは、どれからいこうかね~ww・・・かんさん(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-03-25 00:01 | 音楽・楽器の話 | Comments(3)

Commented by かんくん at 2006-03-25 23:10 x
PSE法、詳細はまだよく知らんいいい方向に向かいつつあるようでなにより♪ さすがにこのままじゃヤバいと思ったんでしょうな(笑)

さて話題のwビンテージアンプといえば、そうですな、ツインリバーブ、オレンジ、VOX、オールドマーシャル、ジャズコーラス、メサブギーなどがありますが、チューブアンプに限るならジャズコーラス(以下JC)は当てはまりません。
がしかし、あの魅力的に揺れる、コーラスというエフェクトを産み出した功績と、外部エフェクターの真価が発揮できるソリッドステートならではのクリアなサウンドは素晴らしいと思うんです。唯一日本のメーカーでもあるし(笑) その後のボスのエフェクターの成功は、JCの評価の裏付けなんですもの。

さて、チューブアンプ編は鹿さんの担当でお楽しみください(爆)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-25 23:32 x
番外編で「ソリッドステイト」の名機もいいよね♪(^^)
Commented by かんくん at 2006-03-25 23:45 x
おお!それでしたら昔のスタジオには必ずと言っていいほど見かけた、YAMAHAのデカイ(だけ?w)のアンプもぜひ!(^^ゞ 型番や愛称も忘れちゃったけど、よく鳴ってくれましたよ当時にしては。

あ、小型アンプ特集もいいかも。ピグノーズとか(笑)
名前
URL
削除用パスワード