Twin Reverb

Gibsonが出てきたら、Fenderもね(^^)
といっても、以前「遅延系」のお話のときにチラッと出てましたけど。

コンボタイプの名機としては、やはりコレを入れておかないとバチが当たる!ってほど
有名な「ツイン・リヴァーブ」。

割と万能な音作りが可能なので、あらゆるジャンルに使用できると思います・・・が、
私としては、やはりクリーンな感じで使いたい逸品です。

d0021258_23254459.jpg

そもそもこのシリーズのアンプは数種類作られて「○○リヴァーブ」って名づけられて
いましたが、その後派生したものなど加えるとかなりな数になります。

でも、やはりその中で一番普及したのがこの「ツイン・リヴァーブ」。
年代によってコントロール部のパネルの色が違い「黒パネ」やら「銀パネ」やらマニア
というか楽器好き連中からは呼ばれてます(^^)

私が好きなのは70年代前半くらいの製品ですが、当時はどちらかというとギンギン
なアンプに傾倒していたので、このアンプの良さが判ってきたのはもちょと年取って
きてからでした(笑)

イメージ的には「ギンギンはスタック、クリーンはコンボ」って感じでしたからね(^^;)


しかし、なんと言ってもこのアンプの最大の特徴は秀逸なる「リヴァーブ」。
同じ頃の国産のアンプのソレを比べてみても・・・・やはり「本家」は違うなぁ~・・・
というのが感想でしたww
[PR]

by shika_monologue | 2006-03-28 00:05 | 音楽・楽器の話 | Comments(10)

Commented by かんくん at 2006-03-28 07:39 x
ぶりっ!て、暖かくて可愛ゆく歪むのも魅力よん♪

ツマミで思い出したけど、普通ツマミの目盛りって取り付けられてるプレートの方ににあるじゃないすか。でもアンプやギターのツマミってツマミに目盛りがあるのよね。些細なことなんだけど、ナナメの角度から見下ろすことが多いギターには向いてる仕掛けだなと思いますた。いつも同じ場所に目盛りの数字があることになるでしょ? もっともテレキャスのツマミには目盛り自体ないけどね(笑)

徹夜明けプチハイ状態(爆) 乙。>俺
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-28 09:30 x
「オツトメ」、ご苦労様っす!(▼ヘ▼メ)
Commented by かんくん at 2006-03-28 17:01 x
シャレになってませんて(爆)

先生!質問です!(^o^)/ ツインの由来は、クリーンチャンネルにもリードチャンネルにもリバーブが搭載されているということで正解?
Commented by かんくん at 2006-03-28 17:03 x
げ。僅差で勝った!(勝ち負けかよ)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-28 21:11 x
>かんさん

お答えします・・・・・・・・・知りませんっ!(^0^)ゞ ←なら答えるなっ!w
回路図調べてみたら判るかと・・・一回調べてみようww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-28 21:30 x
~ん・・・リヴァーブ・ユニットは一つしかないみたいやね(^^;)
(HN、クリックしてみそ)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-28 21:33 x
両チャンネルともリヴァーブが使えるということなのか・・・
それとも、リヴァーブ・ユニット自体に秘密があるということなのか・・・
Commented by かんくん at 2006-03-28 23:48 x
12AX7?て確か真空管ですよね!て反応するとこ間違えてる?(笑) 回路図はいまひとつ読めないのですが、リバーブユニットにスピーカーのような図が描かれているのは謎ですね。しかも6個も。

てゆ~か!2チャンネルのひとつってビブラートチャンネルなの~?(@_@;
Commented by 奈良の鹿 at 2006-03-29 00:08 x
12AX7は有名なチューブやね(^^)
回路図ってけっこう専門的な記号が多くて暗号みたいですからね~ww
私もこれ全部は解読できません(^^ゞ
Commented by かんくん at 2006-03-29 00:54 x
ところで真空管てまだ作ってるんですかね。中国や旧ソ連軍のを調達してるとは聞きましたが…。
名前
URL
削除用パスワード