「Zo-3」という革命

(かんさん、起きてるかな~?・・・いや、寝てるだろなww)


それまでも存在しておりました「アンプ内臓ギター」。
しかしソレはお遊び的なものでありまして、笑い話のネタくらいのものだったんです。

そのデザインは見るも無残なシロモノで(笑)とてもではありませんがライヴなんかで
使おうなんて気は起こりません(^^;)
そんな「アンプ内臓ギター」のイメージを一新させた、革命的製品が登場したのは・・・
もうずいぶん前になりますね。

ネックが「鼻」、スピーカーが「耳」、電源ランプが「目」というなんとも合理的な配置と
それを活かしたキュートなデザインをもって生まれた一本のギターは「Zo-3」と名づけ
られ、その後プロにまで受け入れられて市民権を得ました。

d0021258_23263235.jpg

内臓されたアンプは出力5w程度、それでもちょっとしたイベントでは十分でした。
音もけっこういいんですよ(^^)

いろんな種類が作られ、エフェクター内臓やらピエゾ・ピックアップ内臓のベースやら
・・・・また塗装も様々、ウルトラマン・タイプなんてのもありましたね♪

構造上、スピーカーのまん前に弦が位置しているのでフィードバック(と、いうよりは
ハウリングですがww)バリバリ、手を離すとずっと鳴っています(爆)

唯一の欠点は「ショートスケール」であること。
オクターブ・ピッチが合わないというのが弾き手の悩みなのです(^^;)


近年ではアーティスト・シグネイチャーも作成されていて、ちょっと笑っちゃうのもww
例えば・・・

d0021258_23272214.jpg

コレはジミー=ペイジ御用達、ダン・エレクトロのギターデザインを真似たもの(笑)
その名も「Kashmir」!!スピーカーんとこに、ちゃんとあのロゴも入ってるしww
(しかも、パロって「Zosan」になってるのねwww、ホンモノは「Zoso」)
「DADGAD」チューニングで弾いてみたいですね~♪(^^)

d0021258_23281185.jpg

極めつけはコレ(爆)
なんと、ダブルネックまで造っちゃってます(^^)これもロゴ入り♪
ペイントはペイジの衣装をイメージしているようです。
でも、ただでさえチューニングが合いにくいショートスケールで12弦て・・・・・
考えただけでもゾッとしてきますよね、かんさんwww


てことで、今日はこのタイプの革命児「Zo-3」をお送りしました。
明日は・・・・(以下略w)
[PR]

by shika_monologue | 2006-04-10 00:01 | 音楽・楽器の話 | Comments(18)

Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 00:09 x
あ、画像けっこう大きいからかんさん見られないかも・・・(^^ゞ
そうなら言ってね、小さくしてみるから。
Commented by かんくん at 2006-04-10 08:32 x
あ、100kb前後までで高圧縮なら意外とデカイ画像もだいじょぶ(^_^)v むしろEXIFやらサムネイルなんかが埋め込まれているファイルがダメみたい。

しかしここまでやるとは思いませんですたよw こりゃ確実に本人の了解は取ってませんね(爆) 逆に、Zo-3ベース[はなわモデル]を得意気に弾く彼が痛々しい(^^ゞ

あと、実は利にかなったデザインは、可愛らしさを伴って万人に受け入れられていますが、ぞ~さんという秀逸なネーミングが日本人にしか通じないところが惜しまれます(^^ゞ

てゆ~か、ロングスケールでも出してくれよん(-_-;
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 09:31 x
まあ、取ってないでしょうね(^^ゞ
てか、Wネックくらいフルスケールで作れよっ!みたいなww
・・・でも、フルスケールのZo-3って売れるのかな?(爆)

しかし・・・Zo-3は是非、レスリー=ウェストに弾かせてみたかったww
Commented by tomoshi-bi at 2006-04-10 10:59
すみません、「ショートスケール」って、どういう意味ですか? フレットの間隔が短い? フレットの数が少ない?
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 14:18 x
「フレットの間隔が短い」が正解です(^^)
数は同じなんですよね、ようするに弦の長さが短いんです。
Commented by tomoshi-bi at 2006-04-10 17:46
弦の長さが短いと音は高くなると思うのですが、チューニングはどうするのでしょうか? 普通のギターより弦の張り方をゆるくするとか? もしそうだとすれば、音の張りがなくなる(弦の張り方が緩い分、音のしまりがなくなるみたいな状態)とかいうことはないのでしょうか?
Commented by かんくん at 2006-04-10 18:23 x
そのとおりです!ボヨヨ~ンとした弦もある意味、味わいが感じられて嫌いではないのですが(^^ゞ、実際Zo-3にエレキの標準的な009-042の弦ではなんかビロ~ンて感じ(笑) ですから010-046といった、1ランク太い弦を張ることによって、チョーキングなどのニュアンスを弾き慣れたスタンダードなスケールに近づけることができますの♪
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 18:48 x
例えばブラックサバスのギタリスト、トニー=アイオミは怪我で指の先端を
失っているにも関わらず弾いているため、通常のチューニングより2音下げて
調弦していますが、それでもなんとか成立するものなんですよ(^^)

私は通常のライトゲージでも頼りないんでミディアムあたりを張ったりしてますww
でもネックが心配(爆)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 18:57 x
ショートスケール用の専用弦というのもあるんですがね。
実際リッケンバッカーというメーカーのギターにはショートスケールのもの
もありまして、その昔ジョン=レノンが使ったりしてました。
早い話がスケールに合わせて使用する弦を変えればいいんですけど・・・
専用弦は高いのです(^^;)
Commented by かんくん at 2006-04-10 19:07 x
2…、2音? (@_@;
えっとえっと、CF♭B♭E♭… (ry (^^ゞ
Commented by かんくん at 2006-04-10 19:09 x
F♭って…。○| ̄|_
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 19:22 x
↑墓穴~♪(爆)
Commented by tomoshi-bi at 2006-04-10 19:27
かんくん、奈良の鹿さん、有り難うございました。よく分かりました。^^
あと一つだけ教えて下さい。ベンチャーズのパイプラインでお馴染みの「クロマチック・ラン」と言うのでしょうか、例の「テケテケテケテケ・・・」というヤツについてです。
あれは、6弦の一番ボディ側からグリッサンドでネック方向へ下降していくのだと思うのですが、ショートスケールのギターの場合、弦が短い分だけグリッサンドする範囲が狭くなり、その結果として「テケテケテケテケ・・・」の部分が短くしか演奏出来なくなる、というようなことはないのでしょうか?
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 19:35 x
答えは簡単♪
弦の長さに合わせてグリッサンドするスピードを落としてやればよいのです(^^)
Commented by かんくん at 2006-04-10 19:38 x
気を取り直して!(^^ゞ

あれっスね、いかにゆっくりスライドさせるかにかかっているのではないか、と。感覚的なものだと思いますからそれほど心配はないのではないでしょうか。
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 19:44 x
そそ、短いといっても数cm程度・・・・ま、それが大事でもあるんですがww
Commented by tomoshi-bi at 2006-04-10 19:56
何度も有り難うございます。^^
ショートスケールのギターについてしつこくお尋ねしたのには、理由があるんですよね。^^; 音楽の才能皆無、ミューズの女神に見放されたような人間ですが、死ぬまでに一度くらいはエレキ・ギターなるものを弾いてみたいと思うのであります。音痴にもエレキをっ! ♪We shall overcome ~ 
ホントはサンタナの Europe とかを弾きたいのですが、それはとても無理でしょう。ベンチャーズなら、なんか簡単そうだし、もしかするとマネ事くらいなら、と思ってます。
で、それにはエレキ・ギターが必要になりますが、アンプとかも揃えるとなると大変なので、Zo-3 なんか良さそうだなと以前から思ってました。
まぁ、今は経済的にも時間的にも余裕がない(特に前者)ので、すぐにはムリなんですが、ぢぢいになった時の(既に十分ぢぢいですが)楽しみにと思ってます。^^;
Commented by 奈良の鹿 at 2006-04-10 20:51 x
おー、それは達成目指して、ぜひ頑張ってください♪(^0^)
名前
URL
削除用パスワード