そこで・・・(どこで?w)

かんさんからの質問に答えてみようかな?・・・・と(^^)
えと、めちゃくちゃ簡単に描いちゃってますが原理ってことでw

カメラってね、
記事の中でよく言ってる開放絞りって、要するに「レンズから入ってくる光の量」
なんですね。
で、焦点距離ってのは「光の入り口からフィルムで像を結ぶまでの距離」なワケ。
(4行で書いてますがこの説明思いつくまで小一時間w、厳密に言えば違うけど)

たとえば上の図が「標準」といわれるレンズの状態だとします。
実際はこんなに単純なわけはなく何枚もの凸レンズや凹レンズで光を曲げたり
広げたり縮めたりしながらフィルムに届くんですが(言われんでも判るって?w)
まあ原理はこんなもんですw

で、望遠レンズなんかで同じだけの量の光を確保しようとすると

このように、より大きな口径がないと出来ないんですね。
ところが、実際のモノはいくら超望遠といっても1メートルもあるレンズがついて
いるワケではなくせいぜい十数cmですよね?
入り口を狭くすればそれだけ入ってくる光が減るのは当たり前。
だから焦点距離が長ければ長いほどこの落差は大きくなり、暗くなってくるという
宿命があります(これは逆に短ければ短いほど同じ)。

つまり計算上必要な口径より狭い範囲でできるだけ光を確保しようとメーカーは
躍起になっているんですね。

で、レンズに特殊なガラスを使ったり組み合わせをいろいろ変えたりと工夫する
ことで補わなければならないレンズは当然高価になっちゃいます(^^;)
使うレンズの枚数もハンパじゃなくなりますしね。

とかいいつつも私たちに600mmだの1200mmってレンズが必要かと言われれば
はっきりいって、要りませんw
本体以上に「プロ仕様」なこのレベルのレンズ・・・・受注生産だからお店にもまず
置いてないしね(爆)

べるさんみたいに花とか撮るならマクロがあれば通常撮影にも使えるし、私なら
28~35mmくらいの広角レンズがあれば事足ります。
かんさんだったらおっちゃんたちが対象だから人物撮影と同じくらいのレンズが
あれば十分ですね(^^)

ちなみに50mmから135mmくらいが人物撮影には適しています。
(アイドル追っかけるならサンニッパねw)


【こぼれ話】
前の記事でも書きましたがAFレンズの場合、開放である程度の明るさは確保
されてるんで、背景のボケ具合とかをシビアに考えなければズームレンズで
十分♪ということになります。

てことで、次回はその「ボケ味」に迫ってみようかな?w
[PR]

by shika_monologue | 2005-04-25 11:26 | 写真・カメラの話 | Comments(4)

Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-25 17:04 x
ちゃんと研究とか勉強すると一つの学問として成立しちゃいますからねw
私らみたいに気楽に写したい連中wはこの程度でいいんだと思てます(^^)

なんかあったときに「そうなるもんなんだ」ってのさえ判ってたら対処できるもん、
原因とか理論は必用なしw
Commented by かんくん at 2005-04-25 17:10 x
やー脱線事故すごかったねえ!(><)

わかりやすい図、ありがとうございます(^^ゞ 確かにこれだと標準が50mm位なのがよくわかります(想像w)。実際に長さも口径も1200mmとかの望遠レンズを見てみたい気もしますが(爆)

そーそーペンタプリズムっていうんですね、あのピラミッド型のやつ。ずっと飾りだとか思ってました(^^ゞ(^^ゞ

荒ー来ーさんくらいになると知識は二の次でもいいんでしょうなw
Commented by かんくん at 2005-04-25 17:53 x
あれっすね、初めて触る機種でも、ボタンの位置とかメニューとか、なるべくなら説明書を読まずに感覚で使いこなせていけるってのが理想ですよね。いかに「撮る」ことに集中できるかってことは大事だと思うわけです(偉そうにw)
Commented by 奈良の鹿 at 2005-04-26 00:36 x
今のカメラって直線的な部分がないですもんね。
以前貼ったF-1なんかはデザインの構成が全て直線でした。
だから無駄な贅肉がないというか・・・手に馴染みましたね(^^)
Nikon F1も然り、たぶん今のファミリー向けカメラより一回りも
二回りも小さかったです。
名前
URL
削除用パスワード