ジミー・ペイジとハーディ・ガーディ

以前から申し上げておりますが・・・

彼らの活動中、唯一リリースされたライブ音源である「永遠の詩」。
これは純然たるライブ盤ではなく、同名「映画」のサントラ盤なわけですね。

これは「映画」であることから、メンバー(及びピーター・グラント)のイメージ映像
やらなんやらが沢山存在しています。

冒頭でギャングにふんしたグラントが一番ハマっている、というのは前にも書きま
したが(笑)その後、彼からメンバーに宛てたツアーの知らせを青年が配達する
場面があります。

プラントやジョンジーは子供たちと休暇を楽しみ、ボンゾは妻とドライブしている・・・
ペイジはというと・・・

湖畔にてギターやらを持ち出してくつろいでいるんですが、青年が近づいていく
映像があり、背後からではありますが見慣れぬ楽器を弾いているんですね。

d0021258_2344014.jpg

その「見慣れぬ楽器」が他ならぬ「ハーディ・ガーディ」であったわけです(^^)
音色は弦楽器ながらスコットランドの「バグパイプ」のようであり、ホントに不思議
なアイテムなんだということを実感できます。

※「ハーディ・ガーディ」をお忘れの方にww

d0021258_23463144.jpg

こんなのです(^^)
[PR]

by shika_monologue | 2006-05-15 00:10 | 鉛の飛行船の話 | Comments(3)

Commented by かんくん at 2006-05-15 19:17 x
弓の代わりに回転する板(?)を回して奏でるのですよ(^^;
音色的にはオルガンのようでもあり、なんともいえないいい音ですよね♪

にしても黒魔術に瞑想する背中には、焼酎が似合いそうな雰囲気(爆)
Commented by かんくん at 2006-05-15 20:47 x
ハーディ・ガーディと聞くと、これはまったくの語感からの連想ですが、
クラプトンのフーチー・クーチー・マンを思い浮かべてしまいますw
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-15 22:02 x
ドノヴァンの「ハーディガーディ・マン」を思い浮かべるゾ、普通ww
名前
URL
削除用パスワード