えっと・・・・・ Part.2

今欲しいギター(^^; (←かんさんち)


昨日の記事で、管理人より「熱く語って」くれたかんさん、ありがとうww
ちょっこっとかんさんちの記事とリンクしてみようと思います(^^)


ギター知らない方々にはちんぷんだと思いますが、申し訳ない。

一般的なイメージ(あくまで私たち世代)では・・・

Fenderの「メイプル指板」、Gibsonの「ローズウッド指板」。
どちらも弾き心地に特徴があり、それは優劣をつけられるものではなく
個人としての「好み」の世界になっちゃいます。

その特徴として・・・

メイプル指版は、実際に弦押さえる部分に塗装が施されていてツルツル。
ローズウッド指板は、対して塗装がないのでザラザラ。

特に新品のローズ指板は、チョーキングとかしたら「ガリッ」って音がする
くらいです。

また、ネックの構造も両者では異なり、Fenderはもともとワンピースネック
でした。
これはネックと指板が一体形成の削りだしで作られているため、ネック材
と指板材での伸縮の差が無く反り難い・・・という利点があります。

Gibsonのものはネック材と指板材が違うものが多いです。
そのため、ネックと指板が「貼り付けられた」構造になっていますね。
たとえばネック材はマホガニー、指板材はローズウッドといった感じです。
こちらは製造工程は増えますが比較的簡単に作れます。

なぜならば・・・

ギターのネックというものには「トラスロッド」と呼ばれる心棒が入ってる
からです。
ネック自体は木材なので、乾燥や弦の張力によって歪みが生じますが、
それを強制的に真っ直ぐにする目的のものがトラスロッドです。

そこでFenderのネックを考えてみると・・・

ワンピース構造ゆえに「心棒を通すための穴」を開けなければならなく
なり、それを避けるためにネックの裏側から溝を掘ってロッドを埋め込む
という方法を取りました。

対してGibsonでは、ネックに指板を貼り付ける前にロッドを仕込んでおけ
ばよいわけで、裏側に溝はありません。

この方法は、良質のワンピース材が少なくなった時代にはFenderにも
採用され、ローズウッド指板のものもありますし、同じメイプル材を使っ
ていても指板を別にしている「貼りメイプル」という構造のものもあります。
でもやっぱ、Fenderギターにはワンピースが似合いますよね。


と、つらつら書いていますが、ようするに「どちらの指板がいいか」・・・は
「使う人の好み」なんだということですね(^^ゞ

ちなみに、私はどう転んでもGibson派・・・ローズ指板が好きなのです♪


【予告】
考えてみたら、アンプやらエフェクターやら・・・特集しておりますが肝心
の「ギター」の歴史ってやってないですよね(笑)
てことで今世の中で「ヴィンテージ」と呼ばれている名機たちの生い立ち
なんかを次のシリーズでやってみようと思います(^^)

とくに、かんさん! お手伝い、ヨロシク♪ww
[PR]

by shika_monologue | 2006-05-21 00:02 | 音楽・楽器の話 | Comments(16)

Commented by かんくん at 2006-05-21 00:19 x
うはは、TB返しの術w こいつは長期戦になりそうだぞw
↑のTBの文、...more ってなってるけど、全文じゃん!(爆)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-21 00:20 x
うん(笑)

ZEPPのときと同じで、いろいろほかの記事と織り交ぜながらやっていこう
と思ってるんで(^^)
でも、ちょっと考えただけでもテレ、ストラト、レスポール、SG、グレッチに
リッケン・・・・・・う゛っ!(-_-;)
Commented by かんくん at 2006-05-21 00:28 x
335、ムスタング、フライングV、ジャズマスター、まだまだあるよ~ww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-21 00:32 x
ベースまで入れたら・・・年明けるな(汗)
Commented by tomoshi-bi at 2006-05-21 09:25
先生、質問っ! ^^
Fender のネックは「ネックの裏側から溝を掘ってロッドを埋め込」んであるのならば、その溝は、どうやって塞いでいるのでしょうか? 埋木をしてあるんでしょうか? もしそうならば、厳密に言うと「ワンピース」じゃなくなってしまうように思うのですが・・・
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-21 09:36 x
はい、お答えします。

ココでいうところの「ワンピース」というのはネックと指板の構造なので
これが「繋がってる」か「繋がってない」か、を示すんですね(^^)
ご質問のように、裏側には掘った芋いじるな・・・・じゃなくて、掘った溝
を埋めるための材があります。
不思議なことにコレはウォルナットなどを使用しているため、ココだけ
色が違いますww
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-21 09:41 x
ちょっと見、ワンピースと見分けがつきにくい「貼りメイプル」と呼ばれる
ものはこの材が無いため、ソレとわかるんですね。
もっとスゴい構造のものとしてはボディからネックまでを一枚の板から
削りだしている「スルーネック」というのもあります。
これはヘッドの先からボディの末端までが「繋がってる」ことになります。
ま、厳密に言えば・・・・・あとはかんさん、よろしく(爆)
Commented by かんくん at 2006-05-21 10:58 x
スルーネックの利点
 弦を張っている木材が同一であるためロングサスティンが得られる
 ハイポジションでの運指が容易

スルーネックの欠点
 加工の困難さから高額なモデルに限られてしまう
 ネックが折れてしまった時は全損となる(爆)

BCリッチやヤマハなどがいくつかモデルを発表してきましたが、それほどポピュラーにならなかった理由は、やはり加工の難しさにあると思います。スルーネックと言っても完全に単一の木材を使用しているわけではなく、3ピースあるいは5ピースの木材を張り合わせた構造になっているのがほとんどで、それだけ1種類の木材ではソリや歪みに対処できないと言えるわけですね。楽器に向いた良質な木材がますます減ってきている現在ではなおさらと言えます。
Commented by tomoshi-bi at 2006-05-21 12:39
両先生、有り難うございました。よく分かりました。^^
「ネックが折れてしまった時は全損となる」とありますが、ギターのネックが折れるということ自体をそもそも考えたことすらありませんでした。万一の時にはネックだけを取り換えたりするんですね。もともと別の素材を組み合わせているものですから、当然ネックだけの交換も出来るということなのでしょうが、興味深く読ませてもらいました。
Commented by かんくん at 2006-05-21 13:06 x
そう滅多にあることではないですが、狭いステージで振り向きざまネックをアンプにぶつけてしまってヒビが入ってしまったことがありまつ(T-T)/

また、ボルトオンネックの多いフェンダー形状のギターなどは、各パーツをコンポーネントのように扱い、セミオーダーで仕上げてくれるメーカーもあるなど、ユーザーの自由度が高い方法ともいえますネ。
Commented by かんくん at 2006-05-21 13:38 x
↑初コメントなんだから思い出せるわけないっしょ!(爆)
Commented by かんくん at 2006-05-21 18:10 x
ほほお。この際いっそドラムデビューでもしませんか?(メンバー募集中w)
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-21 21:26 x
募集ちう♪ww
Commented by かんくん at 2006-05-21 22:03 x
てか、なんとかネット内でバンドを作ることってできないもんですかねえ。
生音のやり取りとなると難しいかな?リアルタイムはまずムリだろうし。

↑まずベースを買いなさいってw 話はそれからだ
Commented by 奈良の鹿 at 2006-05-21 22:46 x
出来ないことはないと思うけど、全員が同じインターフェイスを使う必要が
あるんじゃないですかね~(^^ゞ

あ、ヴォーカルはjasrinさんがいいなっ♪ww
Commented by かんくん at 2006-05-22 00:18 x
お♪ jasrinさんは歌うですか! 決定! (早っ!w)

せっかくPCなんですから、同じインターフェース同じソフトで行きますかね。
ファイルのやり取りで済みそうだし。
多重録音が可能で、USB接続で重くなくてw、できればドンカマと簡単な
エフェクターの付いたやつを探してみましょう♪
名前
URL
削除用パスワード